ホンダ プレリュード2017年05月10日 22時01分08秒

本四連絡橋
スープラに続いて、80年代に大ヒットしたホンダの2ドアスペシャリティカープレリュードが復活するとの噂。それにしても国産デートカーの代名詞「プレリュード」って、えらい言われようだな(笑)。「当時国産車では珍しいワイド&ローボディ」って、別にそんな印象はなかったけどなぁ。確かに全高はちょっと低めだったかもしれないけど、ワイド&ローって表現には違和感を感じる。スーパーカー的リトラクタブルヘッドライトも別に女性に受けてたとは思わないけどね。

プレリュード復活という事は、パッケージはFFの2ドアクーペとなるのかな?FFの2ドアクーペとなるとホンダにはシビックのシャシーがあるから、実現するのはそれほど難しくないと思う。シビックタイプRなんて出すよりも、プレリュード出した方がいいんぢゃないかと思ってみたり。まぁ俺はFFスペシャリティクーペに魅力は感じないけど、世間一般的にはFFスペシャリティクーペとスポーツカーを区別できる人は少ない訳で、昨今のミニバンメーカ的なブランドイメージの返上には貢献できるカモ。

プレリュードって2代目3代目が超ウルトラキープコンセプトで、見た目がクリソツ。幾ら2代目が大ヒットしたからってこれは変えなすぎ、どう見てもマイナーチェンジレベル。シルエットは4代目がカッコいいと思うんだけど、どうしても変な形のリヤのテールランプが好きになれなかった。5代目ってほとんど記憶にないんだよね、写真見ないと永遠に忘れ去っていたと思う。

予想CGはちょっとNSXを意識し過ぎだね。幾らなんでも2ドアスペシャリティクーペのデザインじゃないよね。よく見ると妙にフロントオーバーハングが長くてアンバランス。これだとフロントの車軸よりも前にエンジンが載っちゃいそうだよね、RRの反対みたいなパッケージング。

コメント

トラックバック