iPhoneカメラ2017年05月13日 23時43分29秒

iPhoneで撮影
iPhoneのカメラが秀逸過ぎて、コンデジの出番が激減している。ちゃんとお出掛けするときは一眼レフかGRDを持って出掛けるんだけど、iPhoneのカメラはふと思い立ったときにいつも手元にあるというアドバンテージに加えて、コンデジに劣らぬ高画質な写真が撮れてしまう。撮った写真データはそのままSNSにアップできてしまうし、そりゃコンデジが売れなくなる訳だ。

iPhoneのカメラで秀逸なのがパノラマ撮影。20年位前に流行った上下をカットするなんちゃってパノラマ写真ではなくて、画角180度をカバーする正真正銘のパノラマ写真が撮れてしまう。それも三脚を使わなくても手持ち撮影でも上手く撮れちゃうから凄い。そもそもパノラマ写真は普通のコンデジでは撮れないから、性能では既にコンデジを超えている一面もある。

今は単身赴任中で撮る機会がないけど、実はムービーカメラもiPhoneに駆逐されてしまうんぢゃないかと思う。ムービー専用機は大きくてかさばるのに、スリムでコンパクトなiPhoneでハイビジョンムービーが撮れてしまう。運動会など望遠撮影が必要なシーンではムービー専用機の出番が奪われる事はないと思うけど、iPhoneの登場でよほどのこだわりの無い限り家族でお出掛けの際にムービーカメラを持ち運ぶ人はいないんぢゃないかと思う。

iPhoneカメラも暗い環境では手ブレもするし画質も悪化するんだけど、コンデジと比べて感度で大きく劣っている感じはしない。ズームもないけど、愛機GRDもズームは無いので同じ。個人的にiPhoneのカメラで唯一不満に感じるのがマクロがさほど寄れない点なんだよね。これで接写に強いと文句ないんだけど、さすがに超小型のiPhoneカメラユニットにはちょっと厳しいのかな。