ステッカー2017年05月14日 09時48分59秒

ステッカー
アフターパーツを買うと、ステッカーが付いてくることがある。そんなステッカーをトランクリッドとボンネットフードの内側に貼っているんだけど、24年も乗ってるとこのステッカーにもレア感が漂ってきた。クルマ屋でよく声を掛けられるのがリッド左側にあるM2のステッカー。このステッカーはM2ガレージで買い物した際に貰ったものだけど、M2は今から20年以上前に解散しているので今となっては知らないロードスター乗りも多いカモ。中でもM2主催のSuper Slalom '94のステッカーはかなりレアだと思う。
M2 SLALOM
リッド中央左のワタナベのステッカーはホイールに付いてきたモノ。エイトスポークは3セット買ったけど、1994年に最初に買ったセットにはステッカーは同梱されてなかったような気がする。白地に赤いレタリングのステッカーはカッコいいんだよね、サイズも大きいので迫力もある。このワタナベのステッカーは今でも普通に売ってるんじゃないかな。

中央右のレーシングビートのステッカーはちょっとレアかも。1995年頃に買ったレーシングビート製のダウンサスに同梱されていたステッカーなんだけど、当時レーシングビートはロードスター用のパーツをたくさん出していたんだよね。レーシングビートはREが得意なアメリカのアフターパーツメーカーなので、下のREのローターが描かれたステッカーは今もあるかもしれない。最近はロードスター用のパーツはあまり目にしないので、レッドとブルーのストライプがデザインされたmiataのステッカーの方が希少かも。

リッド右側はマツダスピードとKGワークスのステッカー。マツダスピードBスペックのステッカーは一般に市販されたものではないので、レア感無し。KGワークスのステッカーはステンレスルームミラーに同梱されていたものだけど、1週間で外したので愛着無し。クラッシックメーターパネルも1週間で外したし、KGワークスには縁の無い俺。趣味が合わないんだろうな、たぶん (--)