ターニングポイント2017年05月25日 22時45分43秒

死ぬとき俺はきっと故郷のこの景色を思い出す
自己紹介でも書いてるように俺はプラントエンジニア。大学を卒業して今の会社に入り24年余、ずっとプラントエンジニアリングに携わってきた。自分が最初に配属されたのは専門色の強い最もマイナーな部署。実績と経験を積みながら、10年余り前から設計全体の取りまとめを担当するようになった。現在は創業以来最大規模のプロジェクトのエンジニアリングマネージャを担当し、誰からも文句を付けられることの無い実績を作ってきた。次はプロジェクトマネージャをやるつもりだったし、周りからもそう期待されていた。

そんな中、昨日トップマネージメントから一通のメール。それは予想もしなかった異動の通知。新しい配属先は本社のとある部署。今までに積み上げた経験と知識が全く生かせないわけではないと信じたいけど、配属先は知見の無い新しい分野。長年身を置いてきたプラントエンジニアリングとは全く異なる業務内容。常々新しいことに挑戦していたいと思っていたけど、新し過ぎて躊躇してしまう自分。本人の希望を尋ねる事もなくたった一通のメールで決まる新しい配属先、これがサラリーマン人生というやつか。自分の思い通りにやりたければ、会社を辞めて自営業をやるか社長になるしかない。

今の事業部のマネージャーとの関係は良好だし、生え抜きの自分を外には出したくなかった様子は感じられる。異動の理由は「事業部外からの強い推薦による」とだけの説明。事業部外には同期以外に知り合いなどいないし、訳が分からん。どうやら左遷って訳ではなさそうだけど、実のところ詳細はよく分からない。マイナー部署から抜け出して運が味方すれば事業部のトップが狙えるカモという位置に身を置いたと思った矢先の異動、世の中一寸先は闇。

まぁ悩んでも仕方ない。命取られる訳でもないし、この異動で家族が食うに困るわけでも無い。震災で職を失った人や働けなくなった人、家族を失った人の苦しみに比べたら異動なんて悩みでもなんでもないし。難病に苦しむ同僚の奥さんに比べたらこんなこと屁でもない。設計や建設の第一線から離れる寂しさはあるけど、新しい仕事はもっとやり甲斐のある可能性も十分にある。もしかしたら自分が成長できる千載一遇のビッグチャンスかも知れないし。

何はともあれ、2017年5月24日が自分のサラリーマン人生のターニングポイントとなる1日となったことは間違い無いと思う。10年後も元気であればこのブログを書いていると思うけど、どういう風にこの日を振り返るのか今から楽しみだ。がんばれよ、俺 (^^)