復刻パーツ2017年08月02日 21時55分50秒

シールドヘッドランプ
マツダが発表しているロードスターのレストアプラン、2017年の後半からのサービス提供開始との事だったのでそろそろ詳細が発表されてもおかしくない頃。実際にビニール幌や懐かしいパターンのタイヤなどの復刻パーツを採用したクラッシックレッドのレストアモデルがファンミーティングで展示されているようで、準備は着々と進んでいる模様。

そんな中で俺が希望するのがシールドヘッドライト。もはや旧車にしか需要の見込めないシールドライトの復刻は簡単じゃないだろうけど、H4バルブ採用でもいいからあの丸く膨らんだプロファイルのレンズ形状を復刻してほしい。高くても買うって人はいると思うんだよね、アナログレコードが生き残ってるようにシールドランプも生産し続けて欲しい。小糸のH4バルブ式のヘッドランプも悪くないんだけど、レンズが丸く膨らんだシールドライトはどこか生命感が感じられて好きなんだよね。

あの丸く膨らんだレンズプロファイルを持ったライトユニットを軽量な樹脂で製作して、光源にLEDを内蔵したら旧車乗りの定番になるカモ。昔の標準だったFCやFDに採用されている角型ユニットも作ると面白いかもしれないね。これってなかなかいいアイデアじゃない?(^^)