ときは重なり、ゆめは深まる2018年03月01日 22時14分49秒

ときは重なり、ゆめは深まる
ロードスターを買ってもうすぐ丸25年、四半世紀と言った方がより時の長さを感じられるかもしれない。普通なら少なめに数えても3台くらいは乗り継いでいるであろう、決して短くはない時間をロードスターと共に過ごしてきた。この25年は俺の人生そのものなんだよね、そんな俺にはロードスターを降りるという選択肢はない。この車にはかけがえのない思い出がびっしりと詰まっているからね。もし何らかの理由で降りるなら息子に譲りたいと思うけど、息子がロードスターは要らないというならスクラップにするカモ。他人がこの車に乗るのはなんだか嫌だし。

ノスタルジック2DaysでNAロードスターのレストアプロジェクトを統括している山本アンバサダーとお話しした時、「これをご存知ですか?」と言ってNAロードスターのカタログにある「ときは重なり、ゆめは深まる」という一節を紹介してくださった。「夢は、じっくりと歳月を重ねるごとに深まっていく。そして、夢の数だけ、人と車の幸せな関係が生まれる。」25年前に何気なくめくっていたであろうカタログの片隅の言葉なんだけど、今見るとその予言にも似た言葉に深く感動した。当時22歳の若造の心には全く響いてなかったけど、47歳になった元若造の心にはグサリと刺さった。

このクルマは並みのクルマじゃなかった。ポルシェやフェラーリにも負けない大きな志を持って、魂を込めて作られていたことを25年という月日を経て改めて確認することができた。この車を新車で買うことができて、本当によかったと思う。リタイヤ後はこの車に少しでも恩返しできるようなことがしたいと思う今日この頃。

ROM Changer2018年03月02日 16時01分00秒

K-Special製 4連装ROMチェンジャー
新しい仕様のエンジンに合わせて点火時期と燃調を調整したROMを何パターンも作って試して、マージンも考慮したうえでどのROMでいくか決めた。テスト用にスタンバイしていたROMチェンジャーを外して、追加基板上のソケットにROMを直接刺してECUを復旧してたんだけど、まだ色々とアイデアが湧いてきて試してみたくなってきた。

ROMチェンジャーは2セット持っている。一つは某クションで手に入れたK-Special製の4連装ROMチェンジャー。ゼロプレッシャーソケットが採用されていて、ROMの抜き差しが簡単にできる優れもの。以前は事前に何パターンもROMを焼いておいて房総ツーリングに出かけて試したりしてたんだけど、今回のセッティングでは4つもROMを比較するような使い方はしていない。試したいROMと、今ベストだと思ってるROMの二つが比較できれば十分。

もうひとつはGRID製のもので、2連装で本体は驚くほどにコンパクト。十数年前に新品で購入したものなんだけど、デッドストック状態でまだ一度も使っていなかったりもする。現在の俺のセッティングの仕方だとこの2連装で十分。GRIDのROMチェンジャーは切り替えスイッチの出来が良くて、セッティングだけじゃなく普段も使えそうなレベルの仕上がり。気温の上がる夏場にノッキングが出ないか気になるので、しばらくはGRIDのROMチェンジャーを使ってノッキング対策ROMをスタンバイしておこうかと考え中。

ただGRIDのROMチェンジャーはソケットが普通のものなので、抜き差しを頻繁にする場合はちょっと不便。プライマリーのソケットだけでもゼロプレッシャーソケットに変える必要あると思うんだけど、本体が薄いのでゼロプレッシャーソケットが収まるかどうかちょっと不安。セッティングが決まった後に、通常走行用のROMと点火時期を遅らしたアンチノッキングROMを挿して常用するのもありカモ。

エンジン2018年03月03日 12時26分56秒

EUNOS ROADSTER
戸田のオーバーサイズピストンによって排気量・圧縮比ともに上がったマイエンジンは凄く気持ちが良くて、ロードスターを運転するのが楽しくなった。12月下旬の納車から週末のみの走行で走行距離は既に3500km。何よりこの走行距離がそれを物語っていると思う。特に低速トルク重視のバルタイが最高なんだよね。2500rpmあたりからググッとトルクが立ち上がって、クルマがグイグイと気持ちよく加速するフィーリングは病みつきになる。アクセルを踏みながらニヤニヤしてしまう俺。

前仕様のエンジンのシャシダイデータから類推すると、ピークトルクは16kgm台中盤、馬力は155psくらいじゃないかと予想。最大トルクは17kgm出てると嬉しいんだけど、どうだろうね。今度シャシダイに掛けてみないと。いずれにせよ実測960kgの車重には十分。かなり速くなったけど、アクセルを踏むのが怖いと感じるほどではなくて、ちょうどいい感じ。ノーマルでこのくらいのパワーのエンジンを積んでくれてたら最高だと思うんだけど、NA6のノーマルは実測で100psくらいしか出てないという悲しい現実。

NDの出力は131ps。多分きっちり131psは出ていそうだったので、ノーマルのNA6に比べると十分にハイパワー。だけど990kgのボディに131psではお世辞にもパワフルとはいい難い。車重もNA6よりも重いのでピークトルクは18kgm、馬力も170psくらいは欲しいところ。エンジンパワーがこのくらいあればマイロードスターと同じような加速が期待できそうだけど、いくらお金をつぎ込んでも1500ccエンジンにこのパワーは出せないと思う。

ロードスターRFに積まれている2Lエンジンのスペックがピークトルク20.4kgm、馬力158psとこれに近い。トルクは2000ccらしく20kgmを超えているので、これが車重の軽いNDの幌車に積まれると面白そう。ちょっとアクセルを踏んだだけでグィッと前に蹴りだされるような加速をするんじゃないかな。それで車重が1020kgとかに収まれば、史上最強の2Lスポーツカーになると思う。早く2Lエンジン積んでくれないかなぁ (^^)