IPPATSUYA2018年09月10日 17時57分50秒

Jurong East
にゃんこスターがTVから消えた。初見から一発屋であることは分かってたけど、前例のないほどに見事な消えっぷり。一発屋芸人にありがちな、なんとか人気を保とうとする新ネタ投入などといった"あがき"を見せることなく消滅。個人的にこの点は凄く好感が持てる。一発屋の美学でも持っていないとこんなに綺麗に消える事は出来なんじゃなかろうか。

一発屋の雄「日本エレキテル連合」も完全に消えたけど、彼女たちは消えまいと結構あがいてた。彼女たちはドキュメンタリー的な番組に出てプライベートでの芸人とは違う一面を見せていたことが裏目に出たようで、視聴者からそっぽを向かれたように思う。「大人気の裏側には天才的な才能とストイックな笑いの追及があった」的なことを赤裸々に語られても、視聴者はしらけるばかり。若手芸人は芸人らしくネタで勝負すべきだね。エドはるみしかり、プライベートを出すと漏れなく消える。

凄いのが「ブルゾンちえみ」。初見から独特の見た目と強い個性が放つ存在感は誰にも似てなくて、初見から一発屋には終わらないと思わせるインパクトがあった。トークが特別うまいわけでもないのに、バラエティやトーク番組にも引っ張りだこ。天才肌なんだろうね、お笑い芸人の世界ってホントシビアだと思う。

そうそう、一発屋といえば「ひょっこりはん」も消えた。ひょっこりはんの場合は中ブレイクくらいかな、大ブレイク前に消えてしまった感じ。大して面白くなかったもんね、子供にもすぐに飽きられたってことかな。

コメント

トラックバック