樹脂製フロントスクリーン2018年09月18日 23時44分29秒

おしり
トミーカイラZZが樹脂製フロントスクリーンを実用化し、来年春の発売を目指しているという。実現すれば世界初採用になるらしい。

リンク先の記事では樹脂スクリーン採用のメリットとして軽量である事が一番に挙げられている。ガラス製のフロントスクリーンに比較して6.6㎏の軽量化が図れるというから、ライトウェイトスポーツにとっては魅力的な選択肢の一つになると思う。だけど軽量という理由で樹脂ウィンドウの採用が一般車に広がることは無さそう。そもそもAピラーを削除することの出来ないオープンカー以外のクルマでは軽量化のメリットはほとんど得られないと思われる。

むしろ強度が高い方がメリットとしては大きいんぢゃないかな。樹脂製ウィンドウを採用すれば、高速走行時の飛び石などでフロントスクリーンにクラックが入るトラブルは無くなりそうだし。一方、樹脂が紫外線で黄色っぽく変色したり、透明度が下がってきて数年で交換が必要になったりしないか不安。樹脂のユニットライトみたく黄色く変色するのは困りもの。まずは比較的サイズの小さいサイドウィンドウあたりから採用が始まるのカモ。

最大のメリットはAピラーを無くすことで得られる解放感だと思うんだよね、この点でトミーカイラZZが樹脂製ウィンドウを初採用するのは正解だと思う。趣味性の高いスポーツカーならコストはあまり問題にならないだろうし、万が一変色とかの問題があってもオーナーは躊躇せず交換すると思う。問題は値段かな、個人的にはオプション価格で20万円以下なら試してみたいと思う。

コメント

トラックバック