次期支援マシン2018年10月05日 23時36分47秒

フラトンホテル
新しいパソコンを注文。もちろん場所を取らないクラムシェル型のノートブックPCなんだけど、最後までNECのLavie Zと富士通のLifebook UHと迷った。やっぱりモバイルPCが好きなんだよね、VAIO亡きあと選択肢として残っていたのがこの2つのモデルだった。HPとDellの軽量ノートPCもチェックしてみたんだけど、バテレン勢はこのニポン勢の2強と比較するとだいぶ重かった。バテレンは重さなんて大して気にしないからね、むしろ日本のウルトラモバイルPCは華奢すぎて敬遠されるんじゃないかと思う。

迷った挙句、最終的に選んだのは富士通のLifebook UH。決め手はGood Design賞受賞。 ...嘘。どちらのモデルもカスタムしてオーダーメイド価格をチェックしてみたんだけど、富士通はコストパフォーマンスが良かった。Core i5、8GBメモリ、512GB SSD、タッチなしノングレア液晶(13インチフルハイビジョンパネル)というスペックで税・送料込み15万円ちょっと。今のVaio Pro 11は似たようなスペックで21万円だったので、かなり割安な感じがした。

4年のインターバルがあるのに、Vaio Pro 11からスペックがあまり変わっていない現状にびっくり。Vaio Pro 11はCore i5、8GBメモリ、512GB SSD、タッチなしノングレア液晶(11インチフルハイビジョンパネル)という仕様。CPUは同じCore i5でも時代が違うので性能はかなり向上しているだろうけど、そのほかはほとんど同じ。それだけVaio Pro 11が先進的だったとも言えるけど、Vaio Pro 11のキーボードの耐久性のなさにはガッカリ。

新しいPCが届くのはあと約1週間後。10月末の一時帰国の際に持参する予定。新しいPC楽しみだなー (^^)

コメント

トラックバック