G2X Pro2017年02月27日 23時39分06秒

G2X Pro
Surefire G2X Proを買った。G2X Proはこれまでに何度かモデルチェンジしてるけど、買ったのは最大照度320ルーメンの最新モデル。G2シリーズはボディにナイトロン樹脂を採用したモデルで、Surefireシリーズの中でリチウムバッテリー(123A x2)を採用するモデルとしては最もリーズナブル。フルスペックの性能と軽量なボディ、あとメタルボディシリーズにはないカラーバリエーションがG2X Proの魅力。

カラーはブラックとフォリッジグリーンがあったので、フォリッジグリーンを選択。シングルアウトプットのG2Xタクティカルの方が欲しかったんだけど、タクティカルはブラックのみ在庫だったので15/320ルーメンのデュアルアウトプット対応のG2X Proを買った。使ってみるとG2X Proは完成度が高くて満足度が高いんだよね、15ルーメンというアウトプットが絶妙。身の回りを照らすのに丁度いいな明るさで、アウトドア用途としては理想的カモ。

値段は126シンガポールドル。ちょうどセール中だったようで、20%割引になって100.8シンガポールドル(およそ8,000円)とかなりお買い得だった。まぁSurefireとしてはリーズナブルというだけで、一般的にフラッシュライトが8,000円ってのは有り得ない値段のよーな気もするが(笑)。

Surefireのフラッシュライトはこれまでアウトドーアーズマン2本、G2改G2L、Saint Minumusを買ってて、今回のG2X Proで5本目。最初に買った初代アウトドアーズマンは45ルーメンだったんだよね、それでもキセノンバルブのマグライト2AAと比べると圧倒的な脅威の明るさだった。それがG2X Proは320ルーメン、一昔前のオフロードバイクのヘッドライトより明るいんじゃないかと思えるレベル (^^)

G2X Pro

新型セイントミニマス2017年02月26日 22時34分49秒

夕刻
シンガポールのSurefire正規代理店に行ってきた。まぁまぁの品揃えなんだけど、値段は日本と同じくらいなのでアメリカに比べるとかなり高めの価格設定。アクセサリーもたくさん置いてあったので、眺めてるだけでも結構楽しめた。帰国するまでにもう一回くらい行ってみようかな。

300ルーメンに照度アップした123A仕様の新型セイントミニマムが置いてあったんだけど、値段は327シンガポールドル(26,000円超)と結構高かった。Surefireのサイトには載ってないんだけど、去年発売された新製品らしい。お気に入りの初代セイントミニマムよりも一回り大きくなっていて、照度は5ルーメンから300ルーメンまで13段階に設定可能。照度の調整は初代ミニマスと同じ要領で、ロータリーノブを回転させることで調整する。

初代ミニマスの電源スイッチはロータリー式だったのが、新型ではプッシュボタンスイッチに変更されていた。新型ミニマスには照度調整用のロータリーノブの端に電源オンオフ用のプッシュボタンスイッチが装備されている。これならリーク電流の心配は無いだろうから、電池入れっぱなしで放電してしまうトラブルは無いと思う。初代ミニマスの最大の特徴の一つだった立体的なレンズは無くなっていた。

新型ミニマス買おうかどうしようかかなり迷ったんだけど、高かったし展示品しか無いようだったのでとりあえず止めといた。だけど新型ミニマスは魅力的だよね、ちょっと時間を置いてみてまだ欲しかったら買うとしようかな (^^)

Surefire2017年02月25日 23時36分30秒

コールマン
フラッシュライト好きの俺だけど、最近は全く新しいライトを買っていない。最後に買ったのはSurefireのセイントミニマスだと思うんだけど、前回のシンガポール出張中に買ったモノなのでもう7年前くらい経っていると思う。当時はかなり明るくて驚いたんだけど、明るさは100ルーメンと今の感覚からするとかなり平凡なスペック。だけどヘッドランプとして理想的なウルトラワイドな照射角は今も現役バリバリで、キャンプではメインヘッドランプとして大活躍している。

だけどセイントミニマスはどうも絶縁が弱いようで、バッテリーを入れっぱなしの状態で数ヶ月もするとバッテリーがなくなっている。もう5、6本はバッテリー空にしてしまったんだよね、このヘッドライトは実用性が高いだけにちょっと残念。ゆくゆくは車載ライトとして使おうかと思ってるんだけど、バッテリーは外して別々に保管しておかないと。

しばらくフラッシュライトを新調していない俺だけど、Surefireの新作リストウォッチが気になる今日この頃。ヘッドライトほど便利じゃないかもしれないけど、手が自由になるのは大きいと思う。現行品は3種類あるようだけど、個人的には使い捨ての123Aリチウム電池を採用した2211Xがいい。ランニングコストは高いけど、バッテリーは使っても年に数本なので汎用性の高い123Aリチウム電池仕様が実用的でいいと思う。

シンガポールにもsurefireを扱う店は一軒あるから(笑)、週末にでも行ってみよーかな。一番いいのはアメリカに出張した際に買うのがいいんだけど、アメリカもshurefireを扱う小売店ってそうは無いんだよね。