パックロッド2017年03月28日 23時55分35秒

足尾池
シマノから高級パックロッドがリリースされているではないの(驚)。ワールドシャウラ、ツアーエディション。ベイトロッドは4本のラインナップなんだけど、その中では1651F-4が一番魅力的かな。一番レングスが短いモデルなんだけど、それでも今どきのロッドらしく全長は6フィート5インチ(1.98m)と長め。このシリーズはかなり長めのダブルグリップを採用してるので、シングルグリップ仕様に改造すれば取りまわしのいい6フィートくらいの使い勝手のいいロッドになりそう。

シマノによると1652R-4がするバスフィッシング全般に対応グローバルスタンダードロッドで、1651F-4はそのライトスペックバージョンとの位置付けらしい。だけど適合ラインや適合ルアーウェイトを見てると1651F-4の方が俺の釣りに合ってそうなんだよね。オカッパリ中心なら1652R-4が良さそうだけど、最近はフロータがメインになってるのでライトパワーな1651F-4の方がトップとか使いやすそうだし。

今から20年前にシマノスコーピオン 1602R-4を買って以来、密かにコンパクトロッドファンになった俺。出張に持って行けるコンパクトさなのに、ワンピースロッドに見劣りしない感度と強度に感動したんだよね。これまでにコンパクトロッドを色々と物色してきたんだけど、最近よく見掛けるテレスコピックタイプは全然駄目。ガイドの配置が不自然になりがちだし、仕舞寸法でも不利。

テレスコはラインを通したままで仕舞えるというメリットはあるんだけど、デメリットの方が断然気になる。ロッドは一度組み立てたら釣りの途中で仕舞う事はほとんど無いし、ベイトキャスティングロッドでガイド配置が悪いのは致命的な欠陥だからね。 ...てな訳で、スコーピオン1602R-4は今もバイクの釣行とかで使っている現役ロッドだったりもする (^^)

31年前の記憶2016年10月08日 23時01分02秒

バスハンター
あぁ、バスが釣りたい。この季節のバスが一番引きが強いんだよね。社会人になってからはGWと夏休みにしか釣りをしていないので、もうかれこれ四半世紀近くもこの時期にバスを釣っていないことになる。この時期どころか、シンガポールに出張中なので今年は一度も釣りをしていない。アメリカ出張中は何度も釣りに行ったけど、シンガポールは規制が厳しくて釣り場がほとんど無いんだよね。

今から31年前の中学3年生の秋、友人3人と満濃池に釣り納めのバス釣りに出掛けたんだよね。1985年10月27日、あの日の事は今もはっきりと覚えている。受験生なので受験勉強に専念するためというのが表向きの理由だったけど、今思えば時期的にただのシーズンオフの釣り納めと変わらないよーな(笑)。30cmくらいのバス1匹しか釣れなかったんだよね、ヒットルアーはシャッドラップSR-7だった。

一緒に釣行した友人は見事に48cmを釣り上げた。6インチワーム(バイブレータ)だったんだけど、当時は俺もまだワームを使ってたっけ。ゴムボート2隻での釣行だったんだけど、その友人は一人でネチネチと粘った結果の48cm。当時のマイレコードは40cmだったので、48cmのバスは本当に大きく感じた。バスの口をつかんで「ランカーじゃー」って現れた彼が超羨ましかった。

友人のタックルはスーパーストライクのグリップをセットした国産ロッドにアンバサダー5500Cの組み合わせ、当時のバス釣り少年憧れのタックル。もう一人の友人はレスターファインに5500Cの組み合わせ。どちらも当時のハイエンドタックルなんだよね、中学生が持つような道具じゃないし。程度にもよるけど今だとプレミアが付いて10万円は下らないハズ。

俺はスピードスティックにバンタムマグプラスの組み合わせという、中学生らしいタックルだったけどね (^^)

アリゲーターガー2016年02月05日 23時03分23秒

ガウルフィッシュ
だめでしょ、この魚は。こういう魚が日本の川に住んでるだなんて信じられないね、どう見ても鯉とかフナといっしょにいる魚じゃない。体長1m近くに成長するライギョも結構エグイと思うけど、アリゲーターガーの成魚はなんと全長2m。人も食っちゃうんぢゃね?ってサイズ。この魚日本の河川で繁殖してるのかな、せめて放流された1世代で死滅していて欲しいと思う。

アリゲーターガーはその名の通り、顎というか歯がすごい。どう見ても肉食系な鋭い歯、これに食いつかれると強靭なヘドンも簡単に穴が開いちゃいそう。そういえばアメリカで釣りをした時に似たような魚が釣れたんだよね、それがこの上↑の写真。確か現地の人はガウルフィッシュって呼んでたと思う。歯が鋭くて危険なので、魚体には触らないようペンチでフックを外してリリースしてた。

アリゲーターガーは鶴見川で多くの目撃情報が寄せられているらしいけど、鶴見川に居るんだったら江戸川にいてもなんら不思議ではない。それにしてもこの人凄いね、カミツキガメ釣って食べたりアリゲーターガー釣って食べたり。アリゲーターガーはウロコが凄いんだね、ガノイン鱗って言うらしい。ウロコというよりは恐竜の皮膚のようだね。 ...恐竜見たこと無いけど。

アリゲーターガーに比べるとブラックバスのなんと可愛いことか。バスも外来魚だけど、でも許せちゃう。子供の頃からバスやライギョは身の回りにいたので、外来魚といわれてもピンと来ないんだよね。この理論でいくと鶴見川近くで育った今の子供たちは、アリゲーターガーも身近に感じるようになったりするのかな?(^^;