車検2015年06月20日 23時46分48秒

丸7年経過
FITを3度目の車検に出してきた。早いもので、納車から7年が経過。FITは前の車検から2年間ほとんどノーメンテだったので、オイル交換やブレーキパッド交換などほぼディーラの提案どおりのメニューで整備を依頼。車検費用は整備費込みで13万円とちょっと高めだけど、整備費用を考えるとまぁ妥当な価格かなと思う。

気になっていたのがホイール。タイヤは溝が無くなってきてたので交換が必要だったんだけど、前のFITに履かせていたタイヤがあったのでそれを使用。実はこのタイヤは元々K11マーチ用に買ったモノで、02年製と結構古い。マーチの車検を通すためにタイヤを新調したんだけど、車検後間もなくマーチのCVTが壊れて廃車になってしまい、勿体無いのでタイヤを外して保管していた。

マーチの次は初代FITを新車で買って5年余り乗ってたんだけど、5年目の車検は保管していたタイヤを履かせて車検を通した。すると車検を通して間もなくFITはオカマを掘られて廃車となり、またもタイヤを外して駐車場の隅っこで保管していた。そんな訳で13年モノの熟成タイヤ、サイドウォールはヒビだらけだけど溝だけはまだ新品同様。このタイヤを履かせるとマーチも先代FITも数ヶ月で廃車になってんだよね、このタイヤって縁起悪いカモ(汗)。

ホイールは元々ロードスターで使っていた20年モノのワタナベエイトスポーク。フロントに履かせた14-6Jインセット+30はオトコマエなツライチ。先代FITではここまでツライチじゃなくてディーラ車検も問題なく通せたんだけど、2代目FITはちょっとやばいカモと思ってしまうレベル。正直アウトな可能性が高いので、タイヤの磨耗が少しマシだったリヤ側のノーマルホイールをトランクに積んで車検に臨んだ。

ディーラでクルマを預ける際、念のため整備士の人にホイールの確認を依頼。3分くらいで戻ってきた整備士さんが開口一番、「HRCさん、あのホイールでいっちゃいましょう。ギリギリですが、OKでしょう。うるさい検査員だと落とされるかもしれませんが、大丈夫です。」とのこと。正直言って個人的にはアウトじゃないかと思うんだけど、ディーラーのフレキシブルな対応に感謝(^^)

その整備士さんとS660の話なんかをしたんだけど、整備士らしくクルマに詳しくてスポーツカー愛が感じられる人だった。やっぱディーラーマンはクルマ好きであって欲しいよね。保険で世話になってるマツダの営業担当は爽やかで愛想はいいんだけど、全然クルマに詳しくないんだよね。NDロードスターを買うとしてもそのディーラでは買うつもりはなかったりもする。

ホンダのディーラを出てからもバックミラーには見送ってくれた整備士さんの姿がずっと映ってた。こんな対応してくれたのは初めてだね、ホント感心した。

RS ワタナベ2015年06月07日 23時28分32秒

ワタナベ装着
Fitにワタナベ エイトスポークを履かせてみた。Fitは6月に3度目の車検を受けるんだけど、ディーラで見積もってもらったらタイヤがすり減ってきてるので交換が必要って言われた。先代のフィットにはワタナベを履かせてたんだけど、タイヤ交換してすぐに事故で廃車になってしまった。外して保管しておいた先代Fitの形見のタイヤがあるので、それを履かせてみた。

ホイールを外そうと思ってFitの車載工具を見たら、ジャッキが見当たらない。仕方なくロードスターの車載ジャッキでタイヤ交換したんだけど、後で調べてみたらスペアタイヤの無いFitにもジャッキは搭載されていることが判明。リヤのパンク修理キットなどが収納されている発泡スチロールを取り出すと、バンバー側に積まれているんだそう。こりゃ分かり難いわ。

純正テッチンホイールの貫通ナットの締め付けトルクがハンパじゃない。ロードスターに車載しているKokenのコンパクトなブレーカーバーでは腰を壊してしまいそうだったので、自宅から1/2ソケット用の長いブレーカーバーを持ってきてナットを緩めた。純正のテッチンホイールって何であんなに硬く締めてるんだろうね、締め付け度は親の敵レベル。

おぉ、なかなかカッコいいではないの。やっぱホイールは少し外に出したほうが安定感が感じられてカッコいい。どこにでもあるコンパクトカーなのに、ホイール換えただけで何かスポーティーに見えてくるから不思議。リム切削のところにアルミのサビが浮いてるけど、ちょっと離れると見えないのであまり気にならない。それにしてもこのワタナベは21年前に買ったホイールだからね、我ながら物持ちがいいと思う。

流石に7年間も寝かせておいたタイヤなのでサイドウォールはひび割れが激しい。だけど直射日光が当たらないよう屋根付き車庫の奥で紫外線を避けて保管していたので、トレッド面のコンディションは全く問題なし。今ロードスターに履かせているタイヤは10年モノなので、それに比べると少しだけ新しかったりもする。

このRSワタナベ エイトスポークはロードスターのお古。タイヤサイズは前後ともFit純正と同じ175/65-14。写真じゃちょっと分かりにくいんだけど、フロントは結構なツライチ状態。フロントのホイールはF8F 14-60オフセット+30。タイヤはフェンダーからはみ出しては無いけど、これだと車検厳しいカモ。先代Fitはもう少し余裕があってこれほどのツライチにならなくて、このホイールのまま車検も問題なく通せていたのに。

リヤホイールはF8F 14-65、オフセットは+35。175タイヤにはちょっとワイドなんだけど、程よい引っ張り感がステキ。オフセットは+35なんだけど、フロントと違ってリヤは余裕があるのでフルボトムしてもフェンダーとの干渉の心配はなさそう。K11マーチに履かせるとリヤフェンダーと干渉しまくりだったんだけど、FitはFFのコンパクトカーにしては意外とオフセットの深いホイールを履くことができる。

コンパクトカーは14インチでいいのに、最近の普通車は14インチなんてほとんど無くなってしまった。Fitは現行モデルから純正ホイールが15インチになったし、デミオは最初から16インチ履いてるんだもんね。もはや14インチは軽自動車専用サイズって感じ。14インチタイヤは値段も安くて性能的にも十分なのに、なんでメーカはコンパクトカーにまで大きなタイヤを履かせたがるんだろうね?

次期ホンダフィット2013年07月10日 23時11分51秒

GWの思ひ出
本屋で新型ホンダフィットを見たんだけど、次期型は今までのフィットとはイメージが変わるくらいにデザインを変えてきた。まぁ2代目は一目でフィット後継車と分かるほどのキープコンセプトぶりだったから、三代目はイメージチェンジしたかったのは分かる。実車を見るまではなんとも言えないけど、個人的には悪く無いと思う。

3代目フィットで一番惹かれるのはハイブリッドモデル。次のハイブリッドはEV走行も可能となる本格的なハイブリッドシステムを搭載し、燃費36kmを謳うんだそうな。今更ガソリンエンジン搭載モデルに買い換える気はしないんだよね、次にフィットを買い換える時はやっぱハイブリッドに乗ってみたい。ガス代を浮かす為ではなくて、純粋にハイブリッドカーに乗ってみたい。

不思議なんだけど、初代フィットは何故かあまり愛着が沸かなかった。2代目フィットが登場したときは変わり映えのしないデザインでガッカリしたんだけど、乗っているうちに何故か初代よりもずっと愛着が沸いてきた。今は凄くスタイリッシュでなかなかカッコいいと思うんだよね、実際初代モデルを超える売り上げを記録しているようだし。なんでデビュー当時はかっこよく見えなかったんだろ?(^^;