平成28年規制2017年09月26日 22時35分38秒

これももう絶版 (i-i)
これは駄目だよね、昨今のバイクが売れなくなった原因はメーカにあるとしか思えない。規制が強化されるのはずっと前から分かっていたハズで、全体の38%が生産終了だなんてどう考えてもメーカの怠惰でしょ。あまり売れてなかったから絶版にしちゃったんだろうけど、これを機に新しいモデルを開発して投入しないとそりゃ売るバイクが無くなって当然。

最も生産終了率が高いのは排気量126~250ccの車検が不要の軽二輪クラスらしいけど、これって本来台数が出るクラスだと思う。バイクが売れないと言われて久しいこの時代にCBR250RRは大ヒットしてるというし、魅力的なモデルを出せば車検が不要な250ccクラスは売れると思うんだよね。

衝撃的なのがヤマハのオフロードバイク。元々ヤマハはセローにトリッカー、XT250にWR250R/Xと、250ccのオフ車のラインナップが豊富だった。それが5モデルとも生産中止、全滅。セローは俺が学生時代から人気のオフローダーでファンも多いと思うので、復活を望む声が多いんじゃないかと思う。個人的にはWR250Rの消滅がショックだけどね、デザインは新しいので吸排気系の調整で新規制にも対応できるんぢゃないかと思うんだけど。

記事によるとカワサキの生産終了率が低いようだけど、単に生産中止を発表していないだけだと思う。エストレアとかKLX250とか生産中止表記にはなってないけど、ファイナルエディションが出てるくらいだから近いうち絶版になるってことでしょ (--;

BMW G310R2017年09月20日 23時20分49秒

KLX250
なんと、BMWが313ccという小排気量のバイクを出したんだそうな。個人的にはBMWといえば大型のツアラーのイメージが強いけど、まさかの中型バイク。310ccという排気量は丁度いいね、振り回して乗るのが楽しそう (^^)

驚いたのはその価格、日本国内での想定価格はなんと60万円なんだそう。安さのヒミツはインド生産。G310Rはパートナー企業のTVSモーター・カンパニーがインドで製造するんだそうな。これは売れるんぢゃないかな、俺も欲しくなっちゃうもん。見るからに新興国向けの戦略モデルっぽいね、マレーシアやインドネシアがメインターゲットなんだろうな。

G310Rには姉妹モデルとして、アドベンチャーモデルG 310 GSもリリースが予定されている模様。これはいいね、文句なくカッコいい。高速道路は大排気量モデルには敵わないけど、一般道では最強のツーリングバイクだと思う。

2017年 排ガス規制2017年09月10日 23時16分41秒

KLX250
2017年の排ガス規制に伴い、バイクメーカーは次々と生産終了を発表している。なんとWR250Rまで生産終了になっているではないの、これは残念。FI仕様の比較的新しいWRが生産終了だなんて、もしかしてフルサイズのオフローダーって全滅?ブルーのWR250R買っておくべきだったかな?250ccの単コロ好きな俺としては、CRF250LとCRF250 Rallyが生産継続なのはせめてもの救い。

2008年に現行の排ガス規制が導入された際にも多くのバイクが消滅した。Zepher 1100の生産中止が発表されたのも2008年だったと思う。KLX 250はFI化されて生き残ったんだけど、Final Editionがリリースされているという事は消滅するんだと思う。2008年の排ガス規制を乗り切ったFTR 223も生産終了が発表されている。FTRが生産終了なのは分かるけど、大胆な価格設定が話題になったCBR250Rも生産終了なんだね。結構最近のモデルなのに。

ヤマハのロングセラーモデル、SR400も絶版になる模様。FI化されて今まで延命されてきたんだけど、今回の排ガス規制はクリアできなかったらしい。SRは後継モデルの開発がアナウンスされているんだけど、さすがに空冷エンジンは採用できないんぢゃないかな。水冷エンジンを積んでSRのイメージを踏襲するのはカンタンじゃないだろうね。

ホンダ モンキーの生産終了がニュースになってたけど、よくもまぁ50年も作り続けていたもんだと感心する。どう考えても数売れるバイクじゃないし。メッキタンクの美しい50th Specialはちょっと物欲をそそられるけど、モンキーに散財してる余裕はないので我慢。個人的にはモンキーよりもゴリラの方が好きだったんだけどね (^^)