スカイアクティブ-R2016年04月07日 23時17分08秒

RX-VISION
マツダが新型ロータリーエンジン関連の特許を続々申請!」とな。このニュース読んで凄く嬉しい気持ちになったんだよね、マツダがロータリーエンジンの開発を諦めていないという事実が分かっただけでも嬉しい。人生最後のスポーツカーはNDロードスターで決めかけてたんだけど、ロータリースポーツ復活となると心中穏やかではいられない。ロータリーにのらずに死ねるかってね(^^)

このところ好調な業績が報じられているマツダ。マツダのエンジニアにとってロータリーエンジンというのは特別な存在、ロータリースポーツ開発に関わりたくて入社したというエンジニアがゴロゴロいる会社。そんなマツダが自身の魂ともいえるロータリーエンジンの開発に好調な業績で得た資金を投入していることは想像に難くない。

記事によると申請された特許は燃費改善技術に関するものが多いようだけど、国沢氏が予想している20%ぽっちの改善じゃ駄目だと思う。RX-8比で50%くらいを目指さないと、2000ccクラスのレシプロエンジンに対抗できないんじゃないかな。スポーツカーのエンジンとして捉えたとしても、唯一無二のロータリーテクノロジーと独特のエンジンフィールというだけで勝負に勝つのは難しいだろう。スカイアクティブ-Rを名乗る限りは、世間があっと驚く特徴を備えていて欲しいね。

2017年、マツダのロータリーエンジンは50周年を迎える。このタイミングでRX-7が復活するのが理想的。マツダの情報管理は驚くほどに硬いから、来年RX-7の復活が突如アナウンスされてもおかしくないと思う。そういうサプライズは大歓迎なんだけどね(^^)

YAMAHA SPORTS RIDE CONCEPT2016年01月05日 23時01分27秒

SPORTS RIDE CONCEPT
東京モーターショーに出品されていたヤマハのコンセプトカー、SPORTS RIDE CONCEPT。正直言ってデザインはカッコいいとは思わなかったんだけど、そのサイズ感はドストライク。4輪車でオートバイに乗る時の感覚を四輪で表現したとのことで、車両重量は750kgと超軽量に仕上がっているんだそう。

パッケージングの詳細は不明なんだけど、軽量コンパクトなバイク用のエンジンをミッドシップかリヤにマウントしているのではないかと妄想。実物は相当コンパクトな印象だったけど、全長は3,900㎜とNDロードスターとほぼ同じ。フロントミッドにエンジンが納まるスペースは無さそうだし、後部座席の後ろのスペースも狭くエンジンを格納するスペースは無さそう。だけどコンパクトなバイク用のエンジンであればミッドシップにマウントする事ができるカモ。

エンジン型式や排気量などの詳細も一切公表されていない。バイクの感覚を表現したと言うことは、パワーソースもバイク用のエンジンを流用してるのかな?クルマに流用するとしたら、FJR1300の直列4気筒エンジンあたりかな。最大出力147ps/8000rpmはクルマ用エンジンとしてはかなり高回転型だけど、最大トルク14.1kgf・m/7,000rpmはかなり立派な数字。スポーツカー用のパワーユニットとして十分なスペックだと思う。ただ二輪のFJR1300は乾燥重量296kgなので、SPORTS RIDE CONCEPTの半分以下の重量。

V-MAXの1700ccV型4気筒エンジンも面白そうだけど、V4ってクルマとの相性はいま一つな気がする。軽量コンパクトではあるけれど、直4に比べて回転フィールがスムーズじゃないのは大きなマイナスポイントだと思う。だけど二輪車としては大排気量なV-MAXのV4エンジンだけど、四輪のスポーツカーとして考えると1700ccという排気量はちょうど良かったりもする(^^)

SPORTS RIDE CONCEPT
まずは市販化の動きがあるかどうかだね。

CB11002015年12月26日 23時01分26秒

CB1100
東京モーターショーにCB1100のコンセプトモデルが展示されていた。これがカッコ良かったんだよね、免許無いけど凄く欲しい。マフラーやホイールがマットブラックに塗られ、ブラックアウトされたボディの中で存在感を放つ空冷エンジンが渋すぎ。チェッカーフラッグが描かれたタンクもカッコいいんだよね、学生時代に憧れたゼファー1100よりもCB1100の方がカッコいいと思う今日この頃。このバイクがカッコいいと思えるなんて俺も大人になったもんだね。

ネイキッドバイク(死語?)の元祖はゼファーだけど、そのカワサキにはCB100のようなトラディショナルなバイクはラインナップされていない。大ヒットしたゼファーシリーズに採用されていた空冷4気筒エンジンは絶版になってしまった。ますます厳しくなるであろう排ガス規制や燃費基準への対応を考えると、これから先空冷エンジンを搭載されたビッグバイクが発表されることは無いだろうね。

クルマってずいぶんデザインが進化したと思うけど、バイクってほとんど変わってないのが面白い。レーサーはカウル形状やフレームワークもかなり変わったけど、タウンバイクは驚くほど変わっていない。21世紀にはAKIRAに出てくるようなバイクが走ってるのかと思ってたんだけど、750ライダーからほとんどデザインが変わってないし。

AKIRAに出てくるバイクって、キャスターが寝すぎてるんだろうね。アメリカンのチョッパーよりも寝てるから、コーナリング怖くて回れないと思う。

CB1100