変化2017年06月25日 16時19分28秒

1993年式ユーノスロードスター
ロードスターのイメージはこの20年で随分と変わったと思う。ロードスターの登場した1989年はバブル景気まっただ中の頃で、ロードスターといえばピュアスポーツカーというよりもミーハーなオープンカーというイメージの方が強かった。俺がロードスターを買った時も、会社の先輩に「ミーハーだな」って言われたし。あんたの悪趣味な黒いGTOよりよっぽどマシだって思ってたけどね。

俺はロードスターにピュアスポーツとしての魅力を感じていたんだよね。1600ccエンジン搭載を前提に設計されたクルマなので、どうしても1600ccのロードスターが欲しかった。買うなら新車と決めていたので、1800ccが発表されたのと同時に焦ってユーノスのディーラーに駆け込んだ。かくして1993年8月17日、ピカピカのシルバーのNA6CEが俺の元にやってきた。

パワステ・パワーウィンドウ無し、テッチンホイールの標準車、車両本体価格176万円。当時スポーツカーだけでなく、4ドアセダンにも軽自動車にも当たり前のように付いていたリアウィングも無し。ユーノスディーラのおねぃさんに「ハネはサービスできますよ」と勧めれたのを断った。せっかくのNAの美しいボディラインを崩すハネのどこがいいのか理解できなかったんだよね、その感覚は今も変わらない。

あれから24年経った今、俺のロードスターを見てストイックとかスパルタンって言う人はいても、ミーハーなんて言葉を使う人は居なくなった。ロードスターのイメージが大きく変わったと感じるのはここ15年くらいかな。スポーツカーはおろか2ドアクーペが絶滅の危機に瀕してミニバンが街にあふれた2000年頃から、スポーツカーとりわけロードスターに対する世間のイメージが変わってきたと思う。

特に初代NA6/8に対する評価は年々高くなり、出色の出来のND5の登場とともに伝説の初代として崇められる雰囲気さえも出てきている。まだまだ市場には多くのNA6/8が出回っているし、車両価格たかだか170万円の2ドアクーペにここまでの評価は明らかに過剰だと思うけどね。エスロクやヨタハチぢゃあるまいし。

このシルバーのNA6は世の中にたった1台の俺の愛車。誰が何と言おうが関係ないんだけどね (^^)

愛車2017年06月21日 22時55分15秒

ユーノスロードスター
ユーノスロードスターを新車で買って、もう少しで丸24年。一度もナンバーを切らすことなく、任意保険も絶やすことなく、いつでも乗れる状態で24年間維持してきた。こまめなメンテナンスのお陰かこれといった大きなトラブルもなく、24年の長きに渡り快調を維持できている。このクルマすごく大事にしてきたんだよね、少しはオーラでてるかな?(^^)

一番大きなトラブルは運転席側の窓が開かなくなったことかな。納車から3年目くらいのまだ新しかった頃だったんだけど、実家への帰省途中にトラブルは起こった。愛車はクルクルマニュアルウィンドウなんだけど、窓ガラスの開閉用ワイヤを固定しているクリップが外れて窓の留め具に引っ掛かり、窓ガラスが開かなくなった。高速の料金所でドアを開けて料金を支払ったのが今ではいい思い出になっている。まぁ一番大きなトラブルがそのくらいなので、本当に調子のいい個体にめぐり会えたんだと思う。

新車で手に入れてずっと乗ってきたので、傷の一つ一つにも思い出がある。独身寮の駐車場で洗車中に付いた左フロントフェンダーの洗車傷、帰省途中のセブンイレブンでドアパンチされて付いたドアのえくぼ、ナカマエのシートに交換中に駆け回る甥に気を使っていてシートレールで傷つけてしまった右側リアフェンダーの傷、車検から戻ってきたら付いていた右フロントフェンダーのえくぼ、祖母の訃報をうけて急いでいた時に幕張の駐車場でつけてしまったバンパーのリヤ右側の擦り傷など、その時の情景が思い出される。

まぁ24年乗ってるにしては目立つ傷もないし、一度も事故にあっていないのは奇跡的と言っていいと思う。ユーノスロードスター、この先もこのクルマにずっと乗っていたいね (^^)

マルチメディアオーディオ2017年06月18日 09時42分57秒

カーオーディオ
これいいね、10V型マルチメディアオーディオ。ディスプレイはもう少し小さくてもいいんだけど、スマホをUSB通信ケーブルで接続して大画面にスマホ画面をミラー表示できるのがいい。アンドロイド携帯は大画面でそのまま操作できるというから、操作性も問題なし。YahooカーナビやGoogle mapを使えばカーナビになるし、スマホに録画した動画をムーブすればTV番組なんかも見えるようになる。

TVチューナーやDVDドライブを搭載してるようだけど、個人的にはスマホ接続機能とSDカードスロット、USB端子があれば十分かな。DVDドライブとTVチューナを廃してディスプレイを8インチに小型化した廉価版を出してくれると嬉しいかも。まぁ現状でも実売価格6万円というから十分安いんだけどね。DVDドライブをなくせば本体は1DINサイズになるよね、そもそもディスプレイは格納しない訳だし。TVチューナはあると嬉しいけど、アンテナとか張るの嫌なんだよね。ディスプレイにアンテナとか内蔵してるのかな?

不要なのがCDをUSBメモリーに録音する機能。最近はCDプレーヤ持ってない人とかいるだろうから、そういう人に訴求する機能なのかな?最近はクルマの中でCDなんて聴かなくなったし、ましてUSBに落とすなんて俺は絶対しないけど。HDMI端子も装備しているらしいので、プレステとかつなげば助手席の人はゲームで時間もつぶせそう。ゲームによっては車酔いしそうだけど。

クルマに装備して欲しいエンターテイメント機能ってこういうのなんだよね。今のマツダ車が装備しているマツコネは小さなディスプレイに低い拡張性、2017年の現在の価値観でみても全然魅力的ぢゃない。こんな中途半端なシステムが10年後も使えているとは到底思えない。新型車にマツコネを積むにしても、将来に備えてDIN規格のスペースだけは確保しておいてほしいんだよね。その方が長く幸せなカーライフが送れると思う。

こういうユニットをカロッツェリアやアルパインが出してくれると嬉しいんだけどね、SEIWAって... (^^;