アストロン ジウジアーロコラボモデル2017年04月27日 22時11分24秒

Omega Speedmaster
セイコーアストロンに限定モデルが追加、 ジウジアーロ・デザインコラボモデル。アストロンは世界初のGPSソーラーウオッチで、簡単なボタン操作でGPS衛星電波から現在地の正確な位置・時刻情報を取得して表示するセイコーが誇る最新のハイテクムーブメント。そのアストロンにケースの中心とバンドの中心をオフセットする非対称デザインを採用した1980年代のスピードマスタージウジアーロデザインモデルをオマージュしたモデルが追加される。

スピードマスターの液晶のジウジアーロモデルは結構好きなんだけど、このアストロンジウジアーロコラボモデルはなんか微妙。この系譜のデザインにはイマイチ必然性が感じられないんだよね、手首の動きが拘束されそうでむしろ使い勝手に疑問を感じる。机とか床とかに手をついたら時計が突っ張って手の甲を怪我しちゃいそう。ブラックアウトしたベルトはどちらかというと好きな方なんだけど、5万円の時計ならまだしも30万円の腕時計のブレスとしてはどうかと思うし。

出張の相棒としてはそれなりに魅力はあるんだけど、セカンダリーウォッチとしては値段が高過ぎるかな。いつも正確な時刻が表示されるのは凄く魅力的なんだけど、実はスピードマスターの時刻合わせ用に使うにはディジタルの方が良かったりもするんだよね、最近はスマホでtimeisにアクセスして時刻を確認してるるから、セカンダリーウォッチの必要性は下がってきてたりもする。

かと言ってアストロンってメインで使うには物足りないんだよね、ソーラーGPSなアストロンが一生使えるとは思えないからね (^^;

SBEE0022017年04月26日 22時09分20秒

DW-5600
これカッコいいね、セイコープロスペック SBEE002。ジウジアーロ・デザインと共同開発したダイバーズウォッチをリメイクした限定モデル「セイコー プロスペックス ダイバースキューバ ジウジアーロ・デザイン限定モデル」。ケースをストラップの中央からオフセットした個性的なデザインと、ゴールド色硬質コーティングが施されたステンレススチールのケースがカッコいい。オフセットデザインは奇を衒った訳ではなく、水中での手首の動きをスムーズにする為の機能的なデザイン。

ムーブメントはキャリバー7N36、バッテリー駆動のシンプルなクォーツムーブメント。個人的には電波時計とか、充電用のバッテリを搭載するソーラーモデルとか嫌なんだよね。潔く一次電池を搭載するバッテリーモデルがいい。2000本限定モデルとのことで、スクリューバック構造の裏蓋にはシリアルナンバーの刻印が入る。ケースサイズは縦48mm x 横43.8mmと少し大き目のケースで、ダイバーズウォッチとして適度の存在感があっていいと思う。

スピードマスターのバックアップ用の時計として本気で欲しいカモ。スピードマスターのバックアップとなると、必然的に防水ウォッチという事になる。今はG-Shockスピード(DW5600)をセカンダリーウォッチとして愛用してるんだけど、さすがに30年モノとなるといつベルトとか切れてもおかしく無いし、実際ベルト環は2回も切れてるし。セイコーダイバースを買うならスペアの樹脂ベルトも同時に手配しておきたいね、ベルトが切れてしまって補修部品が手に入らないというのは切な過ぎるからね。

セイコーダイバースを買ってメインに使えばいいとか言わないよーに (^^;

SEIKO×GIUGIARO DESIGN2016年12月01日 22時30分57秒

SpeadMaster
セイコーがリメイクしたスピードマスター ジウジアーロモデル。機能的かつ個性的で中々に魅力的なんだけど、個人的にはリメイクなんてせずにオリジナルモデルを忠実に復刻して欲しかった。少なくとも裏蓋はウェイブマークのスクリューバックじゃないとね。複数あるカラーラインナップの中では、ライムグリーンのインデックスを纏ったSCED059がカッコいいと思う。

ムーブメントも何故かデイト付き。オリジナルにはデイト機能は無かった訳だし、デイトなんてない方がいいと思うけど。このジウジアーロリメイクモデル買う人で、デイトが決め手になったなんて人は皆無でしょ。どうせならオリジナルモデルに搭載された7A28ムーブメントと互換性のあるムーブメントを搭載して欲しかった。7A28はクロノ針が動かなくなる持病を持ってるから、そのリペアに使える代替ムーブメントを搭載してくれたらセイコーの株がググッと上がったと思うんだけどね。

ジョルジェット・ジウジアーロといえば、泣く子も黙るイタリアの工業デザイナー。クルマ好きならその名を聴いた事の無い者はいないと思われるほど有名なカーデザイナーでもある。クルマだけでなく、時計やカメラなどの工業製品のデザインを手掛けている巨匠中の巨匠。F3に始まるニコンの歴代フラッグシップ一眼レフのデザインも手掛けていて、もちろん愛機Nikon F4もジウジアーロデザイン。そうそう、ブリジストンモンテカルロもジウジアーロデザインだった。 ...それにしてもチャリンコにTURBOって(笑)

子供の頃からよく耳にしてたジウジアーロの名前だけど、ジョルジェット・ジウジアーロはまだ78歳なんだそうな。もうとっくに亡くなってるのかと思ってたよ。意外と若いんだね、ウチのオヤジと大して変わらんし (^^;