SBGC2012017年09月09日 23時08分53秒

線香花火
久しぶりにセイコーのホームページでお気に入りのグランドセイコーを眺めていると、何かちょと違和感が。どこかちょっと見た目が変わったよーな... あれ、モデルNo.も変わってる。よく見てみるとSEIKOのロゴが無くなっているではないの!昔のデザインがこちら、SBGC001。SEIKOのロゴが無くなって幾分すっきりとした印象ではあるけれど、何かちょっと微妙な感じ。

スプリングドライブクロノの定価は86万円+税。発売当初は75万円+税だったと思うから、登場時からは10万円以上値上がり。まぁこの時計を買う人はスプリングドライブクロノという唯一無二のムーブメントに魅力を感じてるだろうから幾らでも出すんだろうけどね。1992年にスピードマスター(SBBT001)が10万円で発売されたときは国産時計も10万円超の時計を作るようになったかって驚いたんだけど、いまや100万円超のモデルも珍しくない。

先日かっちょいいセイコー5のダイバースに付いて書いたんだけど、あれに負けず劣らずのカッコイイダイバースウォッチを発見。こちらはダイバースウォッチらしい王道のデザイン。搭載されるムーブメントはセイコーオリジナルなキネティック。それでいてアマゾンでは2万円台と、超リーズナブル。

さすがにこの値段だとブレスはステンレス無垢ではないよーな気がするけど、この存在感たるや10万円オーバーの風格。重量が215gと結構あるから、もしかしたらブレスはステンレス無垢カモ。先日の自動巻きSEIKO 5も凄く魅力的なんだけど、実際に買うならコッチかな。キネティックなら一日腕に巻いていると外しても数週間は動き続けると思うので、スピードマスターとの共存がしやすそう (^^)

TRUME2017年09月07日 23時00分10秒

快晴
セイコーエプソンが立ち上げた時計ブランド、TURUME。セイコーではなく、セイコーエプソン。一般人には大時計メーカーのセイコーと区別化つかないんぢゃないかと思う。一見クロノグラフのように見えるけれど、よく見ると100等分されたインデックスやベゼルが新鮮。時計なのにどういうことかと思ったら、クロノグラフ秒針を使って高度や気圧、距離などの値を表示するためのインデックスらしい。

この時計はアナログ表示ながらG-Shockばりに多機能な模様。GPSモジュールを搭載しているので、高度や距離の測定も正確。
ストップウォッチ
高度計測
方位計測
気圧計測
紫外線計測(Expanded Sensorで計測)
気温計測(Expanded Sensorで計測)
歩数計測(Expanded Sensorで計測)
消費カロリー計測(Expanded Sensorで計測)

様々な計測が出来るのは凄いんだけど、正直値は読みづらい。液晶ディジタルディスプレイに表示した方が100倍読み易い。そもそも独立したExpanded Sensorを持ち運ぶなら、スマホに表示した方が便利でしょ。機械式時計でもないのに、なんでアナログ表示にこだわってるのか理解に苦しむ。なんかピタゴラスイッチ的なんだよね。液晶ディスプレイで表示したら簡単で分かり易いのに、アナログ針を駆使して表示。高機能がウリの腕時計だけど、機能的な液晶ディスプレは使わないこだわり。見た目を重視したって事なのかな、確かにアナログ時計の方がカッコいいと思うけど。

よく考えたら殆どスマホでできそうなことを腕時計でやる意味あるのかな?Expanded Sensorを持ち運ばないと歩数計測できないってどうなのよ。Expanded Sensor持ち運ぶくらいなら、万歩計かスマホがあるからそっち使うでしょ。技術力を誇示したかったのかもしれないけど、同じGPSを搭載するセイコーアストロンの方が何倍も時計として魅力的 (^^)

SEIKO 52017年09月05日 22時54分23秒

讃岐平野
魅力的な時計を発見、SEIKO 5 SNZHシリーズ。クラシカルなデザインのダイバースなんだけど、ドーム風防がいい味を出している。国内未発売モデルらしいけど、なんとアマゾンで15,000円くらいで購入可能。ブレスは価格なりの仕上がりでチープさも感じられるようだけど、本体は価格不相応な質感の高さ。ケース径は41mmと機械式時計らしい存在感の感じられるサイズ。これはいいカモ、欲しいカモ。

ムーブメントはSeiko 5シリーズの流儀に則って自動巻き式機械式ムーブメントを搭載。機械式の時計、それも国産腕時計が15,000円だなんて安すぎる。このムーブメントは精度も信頼性も高いようなので、機械式腕時計の入門用モデルとして最適だと思う。裏蓋はもちろんスクリューバック構造で、裏蓋はムーブメントが見えるシースルーバック仕様。シースルーバックからは一切の装飾のない恐ろしく質素なムーブメントが眺められる。

これで手巻き機構が付いていれば最高なんだけど、まぁこの値段の時計に多くを求めるのは酷ってもんか。この時計をメインの腕時計として毎日使うって人はあまり居ないと思うんだよね。毎日ではなくその日の気分に応じて使いたいっていう場合は自動巻きって不便なんだよね、フリフリしないと動き始めないからね。いっそのこと自動巻き機構を無くして手巻きムーブメントを積んでくれた方がいいんだけど、そういうニーズはないのかな?

ブルーの文字盤のモデルもカッコいいけど、買うならシンプルなブラックの文字盤にシルバーのインデックスのモデルかな。黒革に白ステッチの革ベルトを付ければ相当カッコよくなりそう。グレーのNATOストラップを組み合わせてもカッコ良さそうだね、安いし買っちゃおうかな (^^)