コンマフ2017年11月19日 20時31分24秒

コーンズマフラー
サクラム管は自身にとって3本目のマフラー。HKSリーガルはノーマル+α程度の静かさで、回すとノーマルより大きくて野太い音がしていた。HKSはタイコが大きくて、結構重かった。結局このマフラーはマフラーエンドが86φとデカいのが気に入らなくて、3年弱しか使わなかった。当時のマフラーは大口径ブームで、出口径は100φを超えるのが普通だったんだよね。HKSリーガルを選んだ理由は出口径が一番小さくてデザインもシンプルだったからなんだけど、それでも大きくて気に入らなかった。

ノーマルマフラー

HKSリーガル(1996)

コーンズマフラー(1998)

サクラム管(2017)

コンマフを初めて見たときの感動は今も忘れられない。メインパイプ径48φ、出口はノーマル然とした60φのパイプをスパッと切り落としたシンプルな形状。これぞ俺の求めていたマフラーだってね。小ぶりのサイレンサーは見るからに軽量で、値段も58,000円とリーズナブルだった。

実は取り付けてみてその音量にちょっと戸惑った。思った以上に音がデカくて、特に3000-4000回転での音圧の高さが気になった。友人柴やんとドライブしてみて、「激音ではあるが、爆音まではいってないので俺的にはOK」という彼の言葉に納得して結局19年も使い続けた。最初は3000-4000回転辺りで少しこもってたんだけど、徐々にこもり音は消えて乾いた気持ちのいいエキゾーストノートに変化。

コンマフは気に入ってたんだけど、クルマ屋さんに結構勇ましい音がしてるといわれて交換を決意。サクラム管も回せばソコソコの音がするらしいけど、今のコンマフよりはだいぶ静かになるだろうとのこと。サクラム管でどの程度音が小さくなるのかも楽しみな点の一つだったりもするんだよね、常用域で静かになるとドライブが快適になるんじゃないかと期待。

愛着もあるのでコンマフは取っておきたいんだけど、一本モノなので輸送するのが難しい。まぁいいか、19年も使ったのでサイレンサーはだいぶヘタってるだろうし、欲しくなれば新しいコンマフを買えばいいか。まぁこの先もしマフラー買うならコンマフじゃなくて他のマフラーを買ってみるよーな気もするけど (^^)

サクラム管2017年11月18日 16時47分02秒

1993年式ユーノスロードスター
サクラム管が完成したとの知らせが入った。いやぁ待ったねぇ、注文してから3ヶ月。今回はノーマル触媒バージョンを5セット製作してそのうちの3セットが売約済みとの事なので、残るは2セット。欲しい人は迷ってないで早めにオーダした方がいいと思うよ、売り切れたら次に手に入れられるのはいつになるか分からないからね。

以前からマフラーそろそろ替えたいと思っていて、2寸管ハーフスペシャルマフラー、鉄観音マフラー、コーンズマフラーサイレントバージョンあたりで迷ってた。最終的に選んだのは候補には挙がっていなかったサクラム管。以前から音の良さが評判になってたサクラム管は気になってたんだけど、サイトにはNA8用と表記されていたのでNA6用は無いと思ってたんだよね。実際はNA6/8共通だった。サクラム管は上に挙げたマフラーに比べるとダントツで高価なんだけど、クルマ屋さんの「好みはあると思うけど、他のマフラーの音とは違う」という言葉にやられた。

サクラム管でググってみても、あまり情報は集まらない。15年位前は皆が色んな情報をネット上に発信してたんだけど、最近は個人の情報発信ってめっきり減ったと思う。何でだろうね、当時はまだネットがもの珍しくてアップしてたのかな。それともSNSがコミュニケーションの主流になって、情報が仲間内だけで共有してるのかな。

サクラム管で一番気になってたのがマフラーエンドの処理。NA6用は径を広げただけの比較的シンプルなデザインなんだけど、他の車種用のマフラーには凝ったデザインのマフラーカッターが取り付けられている。個人的にはシンプルなマフラーが好きなので、凝ったデザインのマフラーカッターはナシ。NA6のマフラーエンドの処理はギリギリ許容できると思ってて、どうしても嫌なら切り落としてコンマフのエンドパイプを移植しようかと思ってた。それがなんと60φパイプの切り落としに対応してくれたんだよね、サクラムさん最高(^^)

DAOKO×岡村靖幸2017年11月17日 23時01分00秒

VISION COUPE
ザッピングしてたら、なんとミュージックステーションに岡村靖幸が出ているではないの。偶然にもTVに出ている岡村靖幸を見つけるなんてラッキーすぎる。ソロではなくてDAOKO×岡村靖幸としての出演だったけど、カッコいい曲だった。久しぶりのTV出演に張りきったのか、デンス(笑)はいつもに増してキレッキレ。シンガーソングライターダンサーって紹介されてたし。

何かの縁ということで、久しぶりに岡村靖幸のライブブルーレイ「ライブエチケット」を鑑賞。2012年のライブなので靖幸ちゃんは当時47歳、今の俺と同じ歳。5年前に買ったときはそうは思わなかったんだけど、今見ると岡村靖幸のキレッキレのデンスにビックリ。20代の頃の激しさはないんだけど、50前のオッサンの体の動きではないのは確か。それにしても彼のライブが持つ独特の雰囲気は凄いね、昔から変わらないあの毒々しさというかネチッこさはもはや伝統芸能の域。元祖プリンスが亡くなった今、和製プリンス岡村靖幸にはいつまでも頑張って欲しい。

「カルアミルク」が流れてきて鳥肌が立った。岡村靖幸の真骨頂はやはりバラードだと思う。あれほどにクセのすごい曲を書く人がなんでこんな綺麗なバラードが作れるんだろうね。このライブブルーレイには「友人のふり」は収録されていないんだけど、10代の頃から一番のお気に入りの曲。

ソニー製の55インチのディスプレイにヤマハのシアターサウンドシステムで観るライブ映像は迫力があって最高。学生時代にもレザーディスクでライブコンテンツはよく観てたんだけど、当時は三菱電機製の15インチのブラウン管TVだったんだよね。オンキョーのリヴァプール(スピーカ)からは今のシステムよりもいい音が出てたよーな気がするけど、映像は雲泥の差。90年代初頭は30インチ級のブラウン管TVが大画面と呼ばれていた時代で、そもそも家庭用で50インチクラスのディスプレイなんてものは存在しなかった。

今の液晶TVのの画質には十分満足してるんだけど、65インチの有機ELディスプレイがもう少しお手頃な価格になったら買い替えたい。画素自体が発光する有機ELって究極のディスプレイだと思うんだよね、高画質でありながらも低消費電力というから買い換えない理由が見当たらないし (^^)