サクラム管2017年12月16日 23時09分02秒

サクラム管
サクラム管は思ったよりも静かでジェントル。今まで使ってたコンマフがうるさくてそれに慣れてしまってたのもあるけど、アイドリングはノーマルと変わらぬ静かさ。だけど音質はノーマルとは明らかに違うもので、回すとそれなりの音量になる。まぁコンマフとは比べ物にならないくらい静かだけどね。まだ5000rpmまでしか回してないんだけど、こもり音も全くなくて全域で気持ちいい音がしている。5000rpmに近づくにつれて甲高く音質が変わってきてるんだけど、まだ回していないのでどんな音がするのかは分からない。あぁ、早く回してみたい。

出口は60φで垂直にまっすぐカット。タイコから一本モノのパイプで出てくるのかと思ったら、サクラム管は54φなのでテールエンドに60φのステンレスパイプが溶接されていた。これが50φのパイプに60φのテールエンドを溶接してるノーマルマフラーの構造と同じなので、見た目はほとんどノーマル。テールエンドがステンレスとスチールメッキの違いはあるけど、まさに羊の皮を被ったキツネ的なカッコよさ(笑)。安いマフラー2本試したと思えばサクラム管買えちゃうし、NA乗りは最初からこれ一択でいいんぢゃないかと思う。

ただ5000rpmくらいでマフラーが共振しているようで、ビビビビーって異音が出ている。あと低回転でカタカタカタって音がするときもある。マフラーが揺れて何かと干渉してるのか、マフラーが揺れて音が出てるんだと思う。今はノーマルの柔らかなブッシュを使ってるので、4個のうちの2個を強化ブッシュに変えてみるつもり。マフラーエンドを手で揺すると結構大きく動くんだよね、ブッシュを変えると共振点がずれて振動は収まるんぢゃないかと期待。

確かコンマフも最初同じような症状が出て強化ブッシュに変えた記憶があるんだよね。もう20年も前の話なのでよく覚えていないけど (^^;

慣らし用ROM2017年12月15日 23時16分13秒

嶺岡林道
新しいエンジンはボアアップしただけではなく、戸田レーシングのハイコンプピストン+面研で圧縮比が11.4にアップ。広島からの慣らしツーリングでは以前使っていたROMをそのまま使ったけど、慣らしの進行に伴って回転を上げるとノッキングが心配になってくる。そこでノッキングを気にせずに慣らしが出来るように、点火時期を遅らせた慣らし用のROMを焼いてみた。

以前使ってROMは高負荷域で33度まで進角させていたんだけど、慣らし用ROMは26度と控えめ。燃料も絞りすぎないように高負荷域では少しだけ濃い目にしてみたんだけど、慣らし中は高回転域をキープするような回し方はしないので燃料はあまり関係ないカモ。点火時期や空燃比を自由に変えられるEFIってステキ。

慣らしで使ってるバルタイは大人しめの設定で、アイドリングもノーマルと変わりなくスムーズ。吊るしのB-SPECに比べるとボアアップと圧縮比アップによるパワーは十分感じられるんだけど、バルタイの決まったB-SPECとは正直大差ない感じ。バルタイを変えるのが楽しみなんだよね、きっと面白いエンジンに仕上がると思う。ハイカムはボアアップ前と同じなので、低速トルクもりもりでツキのいいセッティングが出来ると思う。

この写真は鴨川の嶺岡林道で撮ったもの。雲一つない快晴で、慣らしにはもってこいの一日だった (^^)

納車2017年12月14日 22時21分54秒

納車
クルマ屋さんからロードスターを受け取ってきた。今回はエンジンオーバーホール&ボアアップをやったので、エンジンの慣らしをやらないといけない。最近のエンジンは組み付け精度が高いので慣らしは不要といわれたりもするけど、慣らしをやるのとやらないのでは耐久性やフィーリングに差が出ると思う。普通の人が大衆車を買う場合は街中を走ること自体が慣らし運転みたいなものだと思うけど、スポーツカーの場合は慣らしはやった方がいいと思う。

慣らしを兼ねて福山から高速道路を740km走って帰ってきたんだけど、昼間に走ったので結構楽だった。午前9時半に福山を出発し、午後8時前には自宅に着いた。休憩は2回のみで30分程度しかとってないんだけど、最初の500kmは3000rpm以下で走ったので時間が掛かった。3000rpmだと5速でも90km/hくらいしかでないので、トラックと一緒に左車線を走行するしかないんだよね。平均で80km/hくらいしか出てなかったと思う。

500kmを超えたところで回転数を3500rpmまで上げた。たった500rpmの差なんだけど、3500rpm回せると時速110km近く出るのでストレスを感じずに普通に高速道路を走る事が出来た。今回の慣らしのプランはこんな感じ。
500km @3000rpm
200km @3500rpm
300km @4000rpm
200km @5000rpm ←今ココ
200km @6000rpm

今は1000kmをちょっと超えたところ。次からは5000rpmまで回す予定なんだけど、今日一度だけ4000rpmを超えてエンジンを回してみたらマフラーが揺れて深いな音と振動が出た。手でエキゾーストパイプを揺すると簡単に揺れるので、振動を制限する目的で強化マフラーハンガーを使う必要アリ。たしかコンマフも同様の現象が出て強化ハンガーに替えた記憶があるんだよね。土曜日はスーパーオートバックスに行ってマフラーハンガーを物色してみないと。

新車で買ったと時は1000kmで慣らしを終えたし、マツダスピードでオーバーホールしてもらった時も1000kmで慣らしを終わらしたと思う。今回は1400kmといつもよりも念入りに慣らしを行うつもり (^^)