RADWIMPS2017年04月13日 23時45分53秒

ナンヨウショウビン
映画「君の名は」で流れる「スパークル」が心地よくて気に入り、iTunesで購入したRADWIMPSの「人間開花」。このアルバムは結構聴き込んだんだけど、他の作品も聞いてみたくなったのでRADWIMPSのメジャーデビューアルバム「RADWIMPS 3~無人島に持っていき忘れた一枚~」を買ってみた。iTunesは外国にいても邦楽が買えちゃうんだよね、ホント便利。出張前にCDを10枚買い込んでいた20年前が懐かしい。

RADWIMPS 3がまた中々良いんだよね、人間開花よりもお気に入り。収録されている曲のサウンドはどれも心地いいものばかりで、iTunesのカスタマー評価が高いのも頷ける。少なくとも「人間開花」よりは聴きやすいんだよね、収録曲はバラエティに富んでいるのでお気に入りの一曲が見つかるんじゃないかと思う。どれもいい曲なんだけど、強いてお気に入りを選ぶとすれば「揶揄」、「最大公約数」、「トレモロ」あたりかな。

歳を重ねる毎に新しいアーティストに疎くなってたことを痛感。「君の名は」がきっかけでRADWIMPSを知ったけど、何枚もアルバムを出しているだけあって実力派のロックバンドだったんだね。出張中に新しいアーティストを開拓しておいて、帰国したらお気に入りの音楽を聴きながらロードスターでドライブするのが今から楽しみだったりもする。

そうだ、このアルバムは息子にも聴かせてやらないと (^^)

ふざけんな世界、ふざけろよ2017年04月07日 23時43分46秒

春
うわー、何か超嬉しいんですけど(^^) 黒木渚のライブDVD 「ふざけんな世界、ふざけろよ」最終公演 2016.06.03 at 東京国際フォーラム ホールCが公式オンラインストア限定で発売。咽頭ジストニアの治療でライブ活動を控えている黒木渚だけど、活動停止前の最新ライブのDVD化。もちろん迷わず注文。 ...帰国するまで観れないんだけど(悲)

セットリストは以下の19曲。お気に入りの「カルデラ」が入っていないのがちょっと寂しいけど、全部知ってる曲なので最初から楽しめること間違いなし。
01. 大予言
02. テーマ
03. 革命
04. 枕詞
05. ウエット
06. プラナリア
07. ふりだし
08. エジソン
09. おんな・おとこ・おんな
10. 懺悔録
11. カイワレ
12. はさみ
13. アーモンド
14. 君が私をダメにする
15. ふざけんな世界、ふざけろよ
16. 虎視眈々と淡々と
17. 灯台
18. あたしの心臓あげる
19. 骨

歳をとると新しいアーティストや音楽を聴くのが億劫になってきて中々ハマらなくなってくるんだけど、一旦ハマると全然飽きないんだよね。同じアルバム平気で100回以上聴ける(笑)。新作DVDは歌詞が表示できるのかな?黒木渚のライブDVD「革命がえし」ツアーファイナル 渋谷公会堂 2014は歌詞が出るから更に楽しめるんだよね、やっぱ黒木渚の最大の魅力は歌詞にあると思う。

ただ21世紀に入ってもう17年も経ってるんだから、新作ライブソフトのメディアはDVDじゃなくてブルーレイでもいいんぢゃないかと思う今日この頃...

山下久美子2017年03月04日 23時37分13秒



山下久美子、Lilith。1988年のライブだけど、この頃が山下久美子の絶頂期だと思う。山下久美子は1985年に当時これまた絶頂期だったBOOWYの布袋寅泰と結婚してるんだけど、個人的にはこの布袋と共演していた頃の山下久美子が好きでよく聴いていた。今聴くと完全に布袋サウンドだね、BOOWYと雰囲気の似てる曲が多くてBOOWYの女性ヴォーカルバージョンっぽい感じがする。

このビデオに登場する布袋寅泰が超絶カッコいいんだよね、布袋ってこんなにカッコ良かったっけ?山下久美子をツンってつっつく布袋寅泰と照れる山下久美子(4:49)が何ともいい感じ。それにしても若いねぇ、二人とも。1988年といえば山下久美子もBOOWYもよく聴いてたけど、ライブ映像はほとんど観た事がなかった。どちらもTVの音楽番組にはほとんど出なかったし、ライブソフトも今ほどポピュラーじゃなかったし。

赤道小町ドキッ」とか「SINGLE」とか「微笑みのその前で」とか結構ヒット曲は多いんだけど、最近はTVでもほとんど見掛けなくなった。若い頃TVで流れる懐メロといえば親の世代の曲だったけど、今TVで懐メロといえば80年代の曲も流れてくる。どうしても懐メロといえば古臭いイメージを抱いてしまうんだけど、今の若い世代も同じようなイメージを持ってるのかな?

個人的には山下久美子もRADWIMPSも大差ないように感じるけど(笑)、それは俺がオッサン化したからなのか?(^^;