ホンダCBX400F2016年05月18日 22時32分48秒

今の愛車 FTR223
ホンダCBX400Fの盗難が続発しているらしい。時価300万円相当との事だけど、それって本当なの?1981~83年に生産されたとのことなので、自分の時代とはちょっと違う。Z1やZ2は昔から伝説だったけど、CBX400Fが人気だなんて信じられない。まだCB750FOURなら分からんでもないが、ヨンヒャクのバイクが300万円なんてホントかね?

どうやら人気漫画で主人公の愛車として描かれていたらしい。なるほどね、頭文字Dでハチロクトレノの人気が沸騰したのと同じ理屈なら分からんでもないか。学生時代はアンチホンダだったので欲しいと思ったことは無いし、個人的にこのバイクのイメージは族車(笑)

CBXといえばCBX125Fの方が印象に残っている。高専は125ccまでのバイクでの通学が許されていたので、CBX125に乗ってる同級生がいた。まぁ驚くほどかっこ悪いバイクだったので、今もよく覚えていたりする(笑)。正直125ccって人気が無くてあまり魅力的なモデルが無かったんだけど、その中でKDX125SRはダントツで良かった。

そのうちBANDIT400の人気出ないかな?カッコいいと思うんだけどなー (^^)

2014年07月09日 22時29分13秒

'90 Bandit 400
19歳のときに大学の合格祝いを兼ねて祖父母が買ってくれた愛車Bandit 400。編入試験を受けに行った長崎でこの紺メタのバンディットに出会い、あまりの美しさに惚れてこのバイクに乗ろうと中型免許を取得。このBanditは1990年モデルなので、既に24年モノ。愛車ロードスターよりも旧く、初めて新車で手に入れた自分の愛車だったりもする。もちろん一度も手放していないワンオーナー車。

今も実家に保管してるんだけど、ナンバーを外してから早14年が経過。雨の当たらない納屋の隅っこにカバーをかけて保管してるんだけど、さすがに14年も不動車にさせてしまったので復活させるにはそれなりのレストアが必要。このバイクは俺の青春そのものなんだよね、Banditに乗ると19歳の頃の記憶が蘇ってきそうな気がする。40代で乗るBanditか、どんな気分がするだろうね。

このバイクを復活させることが今の夢かな。ガレージを手に入れた暁には必ず復活させないと。さすがに60過ぎてから乗るのは厳しいだろうから、400ccマルチに乗る体力があるうちに復活させないと(^^)

写ルンです2012年11月16日 22時39分18秒

Bandit400 (1992撮影)
「写ルンです」が続々と販売終了になっている。一世を風靡した「写ルンです」が姿を消すのが寂しく感じる半面、まだ作ってたのかという驚きも混じってちょっと複雑な気持ち。

「写ルンです」の登場は今から26年前の1986年。今でもはっきりと覚えているけど、あれは凄くインパクトのある商品だった。当時は高級品の代名詞でもあったカメラ、それが使い捨てになっちゃったんだからそれも当然。フラッシュ付が登場したときも驚いたんだよね、従来のカメラが駆逐されてしまうんぢゃないかと本気で思った。

しかしそれは杞憂に終わり、フィルムカメラが消えることは無かった。むしろ「写ルンです」の爆発的ヒットで写真を撮ることは日常生活の中でより身近になり、AF化に代表される高性能化に後押しされてフィルムカメラは全盛期を迎える。そんなフィルムカメラが駆逐されるのは、それから十年余り後に登場するディジタルカメラだった。

当時の俺はあまり写真には興味が無かったんだけど、Banditの写真が撮りたくて「写ルンです」を買った。だけどアングルがうまく決まらずに、はみ出たり傾いてたりしてうまく撮れなかったんだよね。そうこうしてるうちに欲しくなってきたのが一眼レフで、1991年に中古でミノルタのマニュアル一眼レフ「XG-S」を買った。ファインダー越しに見えた絵がそのまま撮れる一眼レフカメラに感動したのは、今から20年以上も昔の話。

...俺も歳とったなぁ(--)