iPhone SEもiOS 11化2017年10月15日 18時42分50秒

花火
せっかくニポンに帰ってきたのに雨。天気予報も今週ずっと雨で、気温も低め。息子とどこかキャンプでも行きたいところだけど、まぁ今回は数日間の帰国なので長期出張が終わってからの楽しみにしておこうかな。

iPhone SEもiOS 11にアップデート。予想通りiPad mini4よりも違和感のないヌメヌメな動き、やっぱApple製品はこうでなくちゃね。新しいアプリストアはちょっとだけカックカクと引っ掛かりを感じるけど、実用上は全く問題なし。新しいiOSになって良かったと感じる事は正直一つもないんだけど、強いて挙げるなら更新の通知が出なくなった事かな(笑)。使ってて違いを感じるのが新しいコントロール画面。なんかゴチャゴチャしてるんだよね、個人的には前のコントロール画面の方がAppleっぽくて好き。

そうそう、忘れてた。「写真」の「ピープル」の検出精度向上がハンパないんだよね。iOS 10では別の人として何人にも検出されていた息子の幼いころの写真が、皆息子としてちゃんと認識されている。これは凄いね、どんなアルゴリズムで検出してるんだろうね。これは十分実用レベルに達していると思う。人を見分ける能力ではiOSの方が人間よりも上だろうね。これもiPhone Xの顔認証機能開発の賜物なのかも。

iOS 11化で気になるのがバッテリー持続時間。iOS 11にするとバッテリーの持ちが悪くなるって噂なんだけど、ハードウェアが同じなのでバッテリー持続時間が大きく変わるとは考え難い。OSのアップデートでバッテリー持続時間が変わる可能性はあるけど、基本的にデバイスレベルの基本ソフトは変更されていないと思うのでガセネタであると信じたい。

ケーズデンキで各種iPadに触ってきたんだけど、お店のiPad mini4もアプリストアはカックカクだった。ハイパフォーマンスがウリのiPad Proはさすが、アプリストアもヌメヌメとスクロールしてた。iPhone SEもiPhone 6s Plusも同じA9プロセッサを搭載しているけど、iPhone SEの方がヌメヌメと動いているようように感じた。きっと低解像度の恩恵(笑)だと思う。iPhone SEも画面サイズを考えると十分高解像度だけどね (^^)

iOS 112017年10月14日 11時32分59秒

iPad mini4
嫁さんが使っているiPad mini 4をiOS 11にアップグレードしてみた。iPad mini4は2015年の9月に発売されたモデルなので微妙に古いんだよね。2012年に買った初代iPad miniはアップグレードの度に動作がモッサリしていき、最後にはキーボード入力に支障が出るくらい遅くなってしまった。初代iPad miniはRAMが512MBだったのが致命的だったと思う。iPad mini4はRAMを2GB搭載してるので大丈夫だと思うんだけど、iOS11アップグレード後にサクサク動くかちょっと不安 (--)

アップグレードは特に問題もなく、マイナーアップデートと同じ30分足らずで終了。立ち上げてみると普通に動いている。メニュー画面を左右にスワイプしても、iOS10と変わることなくスムーズに画面が流れる。アプリストアも新しくなってるんだけど、画面をスクロールしてみるとカックカク。アップグレード前も多少引っ掛かりはあったんだけど、アップグレード後はカックカクになった。一度だけ文字入力時に文字表示がタイピング速度に追いついてこない時があったけど、最初の頃にあった一度だけでその後この症状は出ていない。

正直iOS10で全然不自由していないのでこのまま使い続けたいんだけど、しょっちゅう表示されるアップグレードの案内がウザイんだよね。Apple製品は旧モデルでもアップグレードで最新機能に対応するのがウリの一つなんだろうけど、個人的にはアップグレードせずにサクサク動作のまま使い続けたい。いっそのこと旧モデルはアップグレード対象から外してくれた方が嬉しいんだけど。

iPhone SEはiOS 11にアップグレードしても大丈夫なんじゃないかと期待。CPUはiPad mini4より1世代新しくて性能が高いのにディスプレイ解像度はiPadよりも低いからね。iPad mini2もアップグレード対象モデルになってるようだけど、RAM 1GBモデルはかなり厳しいんじゃないかと思う。個人的にiOS11化したiPad mini4は許せるレベルだけど、1GB RAMのモデルは実用上の問題を感じるんじゃないかなぁ。

goooooogle2017年10月13日 23時39分39秒

瀬戸内
最近のgooooogle先生の検索結果ってちょっとイマイチだと思う。記事の新しさやアクセス数を重視して検索してるんだろうけど、ショップの販売サイトやオークションサイトばかりが表示される。現在販売中のサイトならまだしも、既に絶版になって売っていない商品のページや、終了してるオークションページを表示されてもねぇ。この傾向は以前より強くなったと感じるんだよね。

例えば懐かしめの腕時計を検索したら、ヒットするのは殆どが中古販売の腕時計店のサイトばかり。だけどショップよりも個人のブログやホームページの記事を重視して欲しいんだよね。ネットでヒットした得体の知れない販売サイトからロレックスとか買わんでしょ。ロードスターのホイールやマフラーなんかもそう。実際に使ってるユーザの感想が知りたいのに、どうでもショップや終了したオークションのページがたくさんヒットする。

10年余り前かな、やたらとツイッターの投稿がヒット上位を独占していたときがあった。今はアルゴリズムが見直されて検索結果上位をツィートが占めるような事はなくなったけど、googleの最近の検索結果もなんだかイマイチだと思う。さすがにgooogleに広告を出しているショップが優先されるとかは無いんだろうと思うけど、これだけショップサイトが多くヒットすると勘ぐりたくもなってくる (--)