iPod2017年08月07日 22時22分03秒

四万十川の沈下橋
iPod nanoとiPod shuffleが絶版になったんだそうな。ウォークマンの牙城を短期間で切り崩して瞬く間に一世を風靡したあのiPodが絶版だなんて、なんだか切なくなるね。

我が家にとって最初のアップル製品がシルバーのiPod miniだった。当時電車で都内に勤めていた嫁さんの通勤用に買ったモノ。1インチHDDを搭載した4GBのモデルで、その洗練されたインタフェイスに心から感動したんだよね。クリックホイールによるユニークなインタフェイスはシンプルで直感的な操作性で、マニュアル無しで簡単に使えた。

2代目のiPodは初代iPod nanoだった。SSD採用で驚くほど小型軽量なモデルに仕上がっていて、当時の同容量のUSBドライブよりも安価というのも衝撃的だった。個人的にデザインはアルミケースのiPod miniの方が好きだったけど、iPod miniが3世代くらい昔の製品に感じるほど進化していた。ジーンズのポケットからiPod nanoを取り出すスティーブジョブスのプレゼンも印象的だった。このiPod nanoは電池が燃える可能性があるとの事で、リコール対象となって第6世代iPod nano (8GB)に無償交換してもらえた。

個人的にはタダでゲットした第6世代iPod nanoが一番気に入っていた。驚くほど小型で軽量、実用性の高い大型クリップでシャツのポケットに挟む事が出来て使い勝手が良かった。海外出張のお供として凄く重宝していたんだけど、出張帰りにシャツのポケットに入れたまま洗濯してしまって壊れてしまった。新しいのを買おうと思ったんだけど既にiPod nanoは7世代にモデルチェンジしていて、大きくなってクリップも廃されてた7世代は買わずじまいのまま絶版。

それ以後iPodは買わずに、今はiPhone SEで音楽を聴いている。AppleにとってiPodは主力製品では無くなっていたのは確かだけど、新製品を投入しなかったのが売れなくなった最大の理由だったと思う。もしiPod nano進化形の第8世代モデルが出てたら、買ってたよーな気がする。小型の音楽再生専用機って需要はあると思うんだよね、iPod touchはまだ生き残ってるけど、あれこそ大きくて中途半端な気がする。Radikoが聴けるのは大きなアドバンテージだけどね。

iPod nanoは在庫限りというから、手に入るうちに買っておこーかな。ひとつ車載用に欲しいと思ってたんだよね (^^)

カッコいい阿部ちゃん2017年07月27日 23時59分59秒

東京の夕焼け
インターネット上にサイトを開設したのは1998年の12月、いまから18年と7か月前のこと。当時はインターネットの黎明期だったこともあり、○○のホームページ的なサイトがたくさん作られていた。意味もなく、目的もなく、得られる情報も乏しく、ほとんどがただ作られただけのサイトだった。うちのサイトもそんな風に始まり、今もそんな感じで続いている(笑)。他と違うところがあるとしたら、18年7カ月続いていることくらいか。

2000年代に入ってSNSで簡単にコミュニケーションが取れるようになると、○○のホームページ的なサイトは見事なまでに一掃された。今も当時と変わらず存在しているのは阿部 寛のホームページくらい。阿部 寛のホームページには現代に生きるシーラカンス的な、自動運転が実用化されようかという時代の510ブル的な、スマホでフリーマーケットが開ける時代の雑誌の売ります買いますコーナー的な、時代に媚びないカッコ良さを感じる。阿部ちゃんカッコイイ。

自分はというと、プロバイダーの準備したブログという軟弱な機能を使い、その便利さから抜けられなくなってしまった。まぁ数多のブログサービスの中では死ぬほど使いにくくて更新もされない硬派でシーラカンスのようなアサブロではあるけど、阿部ちゃんのホームページに比べたら更新なんて朝飯前だと思う。マイサイトがエアコンのないNA6だとしたら、Facebook上のサイトはNDロードスターで阿部ちゃんのページは木の車輪の幌馬車だ。

阿部ちゃんはカッコ良さを意識してあのホームページのスタイルを維持しているんだと思う。確信犯ってやつ。見た目はクラシカルなのに、情報は常に最新にアップデートされているホームページの美学。更新はあくまでマイペースで、頻繁に更新してファンに媚びるようなことはしない。時代に流されない男、ブレない男、阿部 寛。カッコイイ。

電子ペーパーディスプレイ2017年06月30日 23時09分12秒

思い出のエビ釣堀閉園
SONYの電子ペーパーディスプレイ、使ってみたい。21世紀も17年も経ってるってのに、仕事では未だに紙のノート使ってるんだよね。俺が現役で仕事をしている間に電子ペーパの時代は来るんだろうか?最近は消せるボールペンが便利で愛用してるんだけど、ノートの場合は消すと裏の文字も消えちゃうんだよね。

プライベートではGoogle Keepを使ってスマホやiPadでメモを残す事が多いんだけど、紙にペンで書くのに比べるとソフトキーで文字を打つのはやはり手間。ガラケーよりは断然入力しやすいけど、ハードキー入力や手書きに比べると操作性はイマイチ。ただ普段からスマホは身につけているので、忘れる前にいつでもどこでもメモできるのが便利。いつも紙とペンを携帯していればいいのかもしれないけど、メモを取るだけの目的に手帳を持ち運ぶのは面倒。

そう考えるとこの電子ペーパーも大き過ぎて持ち歩くのに便利とはいい難い。iPad Proよりは軽い分持ち運びし易すそうだけど、折り畳む事は出来ないし、手帳代わりとはいかないと思う。そのうちiPhoneもiPad Proのように快適に手書き入力が出来るようになれば、とりあえずそれが一番最強なガジェットになりそうな気がする。

日経新聞によると、今日はiPhoneの発売から10周年の記念日なんだそうな。2007年6月30日か、息子の誕生日の1日前だ。息子が生まれる前日の事は覚えてるけど、あの日にiPhoneが発売されてたとは知らなかった。iPhoneは息子の1日先輩ということなんだね、なんかiPhoneに親近感が沸いてきた。頑張れiPhone (^^)