Df2017年04月15日 23時57分24秒

ナンヨウショウビン
D700の性能には十分満足してるんだけど、最近のモデルに比べるとさすがにちょっと古さを感じてくる。フィルム一眼レフを愛用してきた自分としては常用感度ISO 6400も驚きに値する高感度なんだけど、フラッグシップD5の常用感度はISO 102400、何じゃそれ(笑)。増感で最大ISO 3280000。昭和型のアマチュアカメラマンとしては想像もつかないレベルなんだけど、これだけ高感度になると手持ちで撮れない被写体なんてほとんど無いんぢゃね?

ニコンの現在のフルサイズ一眼レフのラインナップはD5、Df、D810/810A、D750、D610の5モデル展開と、フルサイズディジタル一眼レフの登場を待ちわびていた10年前にくらべると夢のようなラインナップ。この中で買うとすればDfかD810になるんだけど、高画素機には魅力を感じないのでDfが最有力候補ということになる。クラシカルで機能的なダイヤル操作も俺好みだし、買うならDfにしようと思う。

本来ならD750が最有力候補になるべきなんだけど、D750は中途半端なんだよね。色々と気になる点はあるんだけど、インタフェイスがフラッグシップ系ぢゃ無いのが一番のマイナスポイントかな。D700のコンセプトと同様フラッグシップ機と受光素子を共用し、D5ジュニアてきな位置付けにして欲しかった。実際D750はD610の上位モデルといった位置付けで、ファインダー窓も角型とD700とは似て非なる作り。

発売から3年半を経過しても未だ魅力的なDfなんだけど、Dfは先代フラッグシップD4と基本設計を共にするモデルだったりもする。つまり基本性能は一世代前。D3ベースのD700は2世代前なのでDfでもいいっちゃいいんだけど、大枚叩くのに基本設計が一世代前というのはちょっと引っ掛からないでもない。D5のセンサーを使ってDfをリニューアルしてくれると最高なんだけど、ニューモデルを急遽取りやめたりしてる現状だと期待できなそう (--)

ニコン創立100周年記念モデル2017年04月04日 22時37分31秒

神秘的
ニコン創立100周年記念モデルが発売される模様。目玉は「D5 100周年記念モデル」らしいけど、これは正直「どうでもいいですよ~(だいたひかる風)」。カメラボディとしてはメタリックグレー塗装を施した100周年記念モデルよりもノーマルのブラックボディの方が精悍でカッコいいと思う。APS一眼レフカメラのプロネアとか思い出すんだよね、ガンメタのボディって(笑)。

ペンタ部側面の100周年記念ロゴも無い方がいい。ボディの底面には宇宙事業への貢献を記した「NIKON - CONTRIBUTING TO MANNED SPACE FLIGHT SINCE 1971」の刻印があしらわれているらしいけど、100周年記念モデルにこの刻印はどうかと思う。それなら2021年にNASA有人スペースミッションサーポート50周年記念モデルとして、D5のスペシャルエディションを出した方がいい。

「NIKKOR F2.8ズーム トリプルレンズセット 100周年記念モデル」は意外とカッコいいカモ。3本共通の記念シリアルナンバー入りで、100周年記念金属ケースが付属するとのこと。高級ズームレンズのセットなので、まぁそう簡単に手が出せる価格ぢゃないだろうけど。鏡筒部にあしらわれる100周年記念ロゴ、これも正直「どうでもいいですよ~(だいたひかる風)」。

そういえば最近だいたひかる見掛けないね。 ...と思ったら、検査で乳がんが見つかって闘病していたらしい。右乳房全摘手術のあと、抗がん剤治療を経て、現在はホルモン治療中とのこと。早く元気になってTVの前で「どうでもいいですよ~」を聞かせて欲しいね。

夜間撮影2017年02月16日 23時08分43秒

夜間撮影
お気に入りのロードスターの写真。新浦安の埋立地に出掛けて、街頭の光を利用して撮影したもの。ボンネットに露出を合わせて、背景を暗くして暗闇に浮かび上がるイメージで撮影。ガンメタとか暗めのボディカラーは夜間撮影には向かないと思うんだよね、背景と同化してしまうのでクルマを引き立たせるのが難しくなる。ロードスターRFのマシングレーメタリックとかも難しそう。ホワイトとか明るいソリッドカラーってどうなんだろうね、撮ったこと無いから分からん。

夜間撮影は難しいと思う。フィルムカメラ時代にはF-601を使ってBandit 400の夜間撮影に挑戦してたんだけど、その場で撮影した画像が確認できないフィルム一眼レフはなかなか納得のいく写真が撮れなかった。プログラムAEだと背景との平均をとる為にどうしても被写体が白トビ気味になってしまうんだよね。経験的に露出を絞って撮っていたけど、その加減が難しくて中々うまく撮影するのが難しかった。

それがディジタル一眼レフになって狙い通りの写真を撮るのが随分と簡単になった。芸術的な写真を撮るのはフィルム時代もディジタルカメラの今もセンスが一番大事だけど、撮影後すぐに結果を確認できるディジタルカメラになってアマチュアカメラマンにもイメージどおりの露出や背景のボケが演出できるようになった。AEブランケットを使えばカメラが自動で露出を変えて複数枚撮影してくれるので、後からお気に入りの露出を選ぶこともできる。まぁ俺はAEブランケットなんて使わないけどね、連写も使わない派。

ディジタル一眼レフでバンディットの夜景撮影をしてみたい。ダークブルーメタリックのタンクが街灯の光に反射して青く光るようにとるとカッコいいんだよね、D700ならF-601では撮れなかった一枚が撮れそうな気がする (^^)