保守サービスプログラム2017年12月13日 23時08分50秒

夕焼け
いいね、ニコンのこのサービス。F3までのマニュアルフォーカス一眼レフと、マニュアルフォーカスレンズのメンテナンスサービスプログラム。期間限定でいいからメーカがこういうサービスを提供してくれるのは有難い。

カメラボディだけでなくて、レンズのメンテナンスサービスも有難い。ニコンカメラのユーザとしては値段が高くても純正のNikkorレンズを買いたいと思ってるけど、こういうアフターサービスはユーザの満足度を高めること必至。それにしても30年以上も前のレンズのメンテナンスをやってくれるなんて凄いと思う。やっぱりニコンのレンズが買いたいって思うもんね、Nikkorレンズのブランド価値向上に貢献すると思う。

MFレンズだけでなくて、ニコンには是非ともAFレンズのサービス提供をお願いしたい。ジーコジーコレンズは部品交換とかやらなくても、MFレンズと同様クリーニングやオイル充填で本来の機能を回復できるレンズが少なくないと思うんだよね。それをニコンが正式なサービスとして提供してくれるというのは嬉しいし、なにより安心してメンテを依頼することができると思う。

AF機のメンテナンスサービスもやってくれないかな?愛機F4はドライボックスに保管中なんだけど、かれこれ15年くらいフィルムを装填していなかったりもする。フィルムカメラで写真趣味に復帰する日もそう遠くはないような気がするし、メンテナンスは是非ともニコンにお願いしたい (^^)

勝浦海中公園2017年12月03日 23時50分31秒

勝浦海中公園
今日は天気が良かったので息子と二人で房総をドライブしてきた。目的地は勝浦海中展望塔。ネットで見て存在は知っていたんだけど、実際に行くのは初めて。高知の足摺岬に旅行に行った際に訪れた足摺海底館と同じタイプの海中展望塔。

勝浦に向かう途中で走り慣れた林道を通って紅葉を鑑賞。林道に差し込む木漏れ日が色づいた紅葉を照らして、凄く綺麗だった。バイクで走るにはちょっと寒いけど、車でドライブするには一番いい季節だね。今日は一日中快晴で、ほんと気持ちのいいドライブ日和だった (^^)

紅葉
勝浦海中展望塔に向かう途中の桟橋から撮影した写真↓。美しい地層の岸壁に砕け散る水飛沫、青空に映えてとても美しかった。曇りだとこうはいかないからね、ほんと晴れてて良かった。1ヶ月前に東京モーターショーに行ってからデジカメのバッテリーを充電してなかったので、ついにここでバッテリー切れ。家を出るときに既にバッテリーが最後の1ブロックしかなくて焦ったんだけど、まぁ一応持っていってみた。30枚くらいは撮れたと思う。D700でバッテリー切れになったのは実は今回が初めて (^^;

勝浦
海水の透明度は12mとまずまずで、天気もよくて色んな魚が見られた。D700がバッテリー切れだったので展望館で見た魚の写真は撮ってないんだけど、海底12mの景色はかなり青っぽいのであまり綺麗な写真は撮れなかったと思う。入場料は大人960円と意外とお高めなんだけど、桟橋の景色もすばらしいのでまぁ納得できる値段かな。

D5002017年10月27日 22時49分13秒

エスプレッソ300えん
D700を買ってから約9年、そろそろ新しいディジタル一眼レフカメラが買いたい今日この頃。だけどD700に代わるいいカメラがないんだよね。D850は評判いいみたいだけど、どう考えても俺の求めているカメラとは違うんだよね。D700の12メガピクセルでも不満無いのに、45メガピクセルて。普段から連写を使わない俺にとっては高画素と並んでD850のウリである7コマ/秒の高速連続撮影機能も不要な機能。

最近言いなぁって思うのがD500。FXフォーマットじゃないんだけど、普段撮りは便利なDX標準ズームで十分だし、野鳥を撮るときは手持ちのFX望遠レンズと組み合わせれば焦点距離が1.5倍になってFXよりも野鳥を大きく撮る事が出来ちゃう。DXフォーマットといえどもD700に比べると高感度特性は進化しているし、買って後悔する事はなさそう。あとFXフォーマットのカメラよりもリーズナブルなのも見逃せないポイント。少なくとも俺にとってはD750よりもD500の方が魅力的。

D500はDXフォーマットのフラッグシップという位置付けなので、ボタンの配置や細部の作りもリファレンスモデルを踏襲している。もちろんアイピースも丸型。それでいてボディは17万円というから、バーゲンプライスに思えてくる。 ...あー、いかんいかん。D700の正統後継モデルが出るまで待たんと。