CRF250 BAJA2017年03月17日 22時23分15秒

'07 KLX250
バイクの免許を撮った頃はオフロードバイクの魅力や良さは全く分からなかった。DT200Rみたくオフ車の超軽量ボディに2ストでハイパワーなエンジンを積んだモデルは面白そうだとは思ってたけど、非力な4ストのオフ車は何がいいのか分からなかった。その頃から大型のデュアルヘッドライトを搭載したXLRバハは存在してたけど、俺にとっては全く理解不明のモデルだったんだよね。それが30年の時が経ち、そんな俺が4ストオフローダーに乗ってるんだから人の価値観ってのは分からんもんだ。

今思うとバハって凄く個性的で、復活して欲しいくらいに魅力的なバイクだと思う。昔のオフ車ってビックリするくらい軽量なんだよね、乾燥重量はたったの116kg。昔は特徴的な二眼ヘッドライトが嫌いだったんだけど、今みると大型二眼ヘッドライトって超カッコいい。現在は小型でも十分な照度が得られるLEDヘッドライトユニットがあるので大きな二眼ヘッドライトを装備する必要性はないんだけど、CRF250をベースにLED仕様の二眼ヘッドランプを装備したCRF250 BAJAを出してくれると嬉しいんだけどなー。

30年前の俺なら絶対に購入対象として考えなかったであろうバイク、CRF250ラリー。開発者は昔のXLRバハのようなバイクを作りたかったんだそう。俺には漢カワサキ KLX250があるので新しいバイクを買うつもりはないんだけど、新車を買うとしたらCRF250ラリーとヤマハのWR250Rのどちらにすべきか悩むと思う。市販の250ccモデルは全て4ストエンジンになったけど、今なら2ストエンジンを搭載するオフロードモデルがあっても俺は4ストを選ぶと思う。ほんと時とともに価値観って変わるんだね (^^)

アンチヤマハ2016年01月19日 22時41分44秒

FTR 223
学生時代からずっとアンチヤマハだった俺。だけど最近欲しいなって思えるバイクはどれもヤマハ。新しくバイク買うならきっとヤマハのバイクになると思う。

マンションの近所にSRXがとまってるんだけど、これがカッコいい。もう25年も前のバイクだけど、昔よりずっと魅力的に見える。当時大ヒットしたゼファーなんかよりいいね、今新車で売っても通用するバイクだと思う。当時の俺はシングルの良さが分かってなかったんだね。Vツインだけどホンダのブロスもいいバイクだと思うんだよね、何で当時はあの良さが分からなかったのか不思議。

ヤマハが嫌いだった理由はいくつかあるんだけど、一番の理由はFZR250のブレーキディスクだったりもする。普通ブレーキディスクはタッチのいい鋳鉄を使ってるんだけど、FZR250はサビに強いステンレス製のディスクを採用していた。ブレーキディスクが錆びてみすぼらしくならないのはいいんだけど、性能を妥協してるのってどうよって思ってた。今思えば250ccのレーサーレプリカなんて本気で攻めるバイクじゃないんだから、別にステンレスでもいいとは思うんだけど。

最近のバイクだとMT-07かな、凄くいいと思う。ちょうどいい排気量、ちょうどいいパワー、ちょうどいいサイズ感。何もかもがちょうどいい感じ。俺は免許ないので乗れないけど(悲)。MT-03も振り回せて面白そうだけど、オンロードバイクとしてはちょっと排気量が小さいかな。オフロードモデルなら300ccくらいが丁度いいんだけどね。

そういえば今、実はFTR 223が不動車状態だったりもする。キャブのジェットを掃除するか交換すれば復活すると思うんだけど、なんだかんだ言ってもう4年くらい乗ってなかったりもする。だけどFTRが好きなんだよね、振り回して乗るのが凄く楽しい下駄バイク。シンプルでカッコいいし、どうしても手放す気にはなれないんだよね。この仕事が終わったらちゃんとしたメンテをやって復活させないと(^^)

FTR不調2015年08月22日 22時50分18秒

FTR223 (2006年撮影)
FTR用のバッテリーを買った。AC Delcoのバッテリーなんだけど、Amazonで3000円弱。ドライバーズスタンドとかで買うと1万円くらいすると思うんだけど。水曜日に注文して金曜日に届いた。毎度の事ながらAmazonって凄いと思う。

早速FTRのバッテリーを交換してみたんだけど、セルは力強く回るも全くエンジンは掛からず。FTRを揺すってみると、ガソリンのチャプチャプという音がしない。もしかしてタンク空っケツ?3年前はほぼ満タンでとめたんですけど。タンクキャップを外してもガソリンは見えないし、やぱり空っぽい。どうしようか迷った挙句、近くのガソリンスタンドまで押していく事にした。これが間違いの始まりだった。

近くのガソリンスタンドといっても1km近くありそう。FTRはシングルで軽量といえども、長い距離を押すと重く感じる。猛暑日という事もあって汗が噴出すように流れ、途中でアクエリアスを買って給水しながらのバイク押し。腕は棒のようになり、息があがってきて途中で何度も休憩しながらガソリンスタンドに向かった。以前あった三井石油のスタンドは今はなく、目指すエネオスは結構遠かった。30分くらい掛けて何とか着いた頃には精根尽き果てていた。

ガソリンを入れてビックリ、7.27Lも入った。FTRのタンクは7.2Lなので、完全に空っケツ状態だった模様。セルを回してみたんだけど、エンジン掛からず(汗)。キャブのドレンを開けてみるとガソリンが出て来たから、キャブにガソリンは供給されている。という事はジェットが詰まって霧を吹いていないか、プラグが火花を飛ばしていないかのどちらかの可能性が高い。はっきりしているのは、復路も押して帰らないといけないと言うことだ。

帰りはマジできつかった。もう限界まで体力を消費してからの復路、目的地だと思ってたガソリンスタンドが中間の折返し地点になってしまった(涙)。腕がつかれきってて100mも押すとプルプルと震えてくる。およそ200m毎に日陰を見つけながらの休憩。復路で距離を計ってみたら、片道1600mあった。1時間くらい掛けて何とか無事駐車場に着弾。猛暑日の中往復3.2kmの重労働はオッサンには過酷過ぎた。

駐車場で十分に休息するも、もうキャブをバラして見る気力も点火を確認してみる気力も残っていなかった。バッテリーが弱らないよう、マイナス端子を外して本日の作業終了。 ...あー疲れた (--)