コースデビュー2018年07月01日 23時55分00秒

祝11歳
今日は息子の誕生日。11年前の今日、オトーサンになったんだよね。懐かしいなぁ、毎晩嫁さんの実家にバイクで息子を見に行ってたっけ。それがもう小学5年生だもんね、早いもんだ。今まで息子の散髪はほとんど俺がやってるんだけど、いつまで刈らしてくれるかな?(^^)

人生初ゴルフに行ってきた。この街にもアイアンが打てるゴルフ練習場が一つだけあるんだけど、そこで昨日ゴルフがうまい同僚に教えてもらって100球だけ打った。ドライバーは一度も手にする事なく、一球も打ったことの無い状態でいきなりのコースデビュー(笑)。インドネシアの田舎だからこそできることだね、コースはガラガラで初心者も安心してデビューできるコースだった。

スコアは129。キャディのおねぇちゃんは結構オマケしてくれるので、実際は最低でもあと+10は叩いているハズ。パットが全然駄目だったんだよね、あれほど難しいとは思わなかった。来週もゴルフに行く予定。 つか、インドネシアに居る間は毎週行くつもり。日本じゃ行かないだろうから、インドネシアで練習して付き合い程度でゴルフが出来るようになっておこうかと。

歳をとると新しい経験なんてほとんど無くなってくるけど、新しいことに挑戦するのも悪くないと思った。

運動会2018年05月19日 17時51分03秒

運動会
今日は息子の運動会。小学2年生の運動会以来なので、3年ぶり。天気予報は晴れ時々雨だったんだけど、昨夜は地面が湿る程度の弱い雨が降っただけ。今日も雨は降らず午後は晴れ間が広がったので、なかなかの運動会日和だった。例年は土ぼこりで大変なんだけど、今年は昨夜の弱い雨のお陰で土ぼこりも程よく抑えられていた。

応援にきた家族を観察していると、低学年の親は明らかに力の入り方が違うんだよね。早くから並んで場所をとる際も、低学年の家族は運動会のよく見える場所。大きな脚立を持ってきて、一眼レフとハンディカメラの両方で子供を撮影。確か息子が1年生のときはトラックの近くの同じような場所を撮った記憶がある。ちなみに今日俺が取った場所は昼飯を食べるのにベストな木陰の場所、運動場は全然見えないところ(笑)。

都会の運動会は長くて大変。息子の出てくる回数が少なくて、待ち時間が長いのなんの。5年生の息子が登場する出し物は3つあったんだけど、昼休みを挟んだ7時間で3つなので、出し物の間隔はおよそ2時間。この待ち時間が結構辛い。俺の通ってた小学校は全学年1クラスだったので、凄く出番が多かったんだよね。それでも時間が持たないので、親が出る出し物なんかも結構あったよーな気がする。メインイベントは部落対抗リレー。今だと問題のあるタイトルだけど、確か俺が3年生の頃に地区対抗リレーに呼び名が変わった。

来年は小学校最後の運動会、ほんと早いもんだねぇ。

親離れ2018年04月14日 09時34分54秒

桜
なんとなく32年前の今頃のことを思い出している。中学を卒業し、地元の国立高専に進学。構内には桜がたくさん植えられていて、入学式は桜が満開で見事だった。親元を離れて学生寮に入っていたんだけど、寮の正門の脇には違う種類の桜が植えられていて、4月の下旬まで桜が咲いていた。その花をひとつもぎ取って、国語辞典の間に挟んで押し花にしたんだけど、多分まだ国語辞典の間に挟まっていると思う。

寮の正門の前の桜が散るのをみると、なんか凄くさびしい感じになった。寮の生活は厳しかったから、なお更そう感じたんだと思う。寮には古くからの伝統がたくさん残されていて、今だと許されないような伝統という名のいじめがたくさん残されていた時代。特に4月から7月の早朝に行われる寮歌の練習は厳しくて、毎年GWに帰省して帰ってこない学生も毎年何人も居た。そんな伝統も卒業と時期を同じくして終わったけどね。

金曜日の夜に両親に寮まで迎えに来てもらって、週末を実家で過ごしてまた日曜日の夜に寮に帰るんだけど、日曜日の午後辺りからの気分の落ち込みときたらハンパなかった(笑)。「ビートたけしの元気が出るテレビ」を見終わってから実家を出てたので、いまでも「I'll be back again いつかは」を聴くとあの時の情景が鮮やかに蘇ってくる。松形弘樹も亡くなっちゃったし、寂しさがより増して感じる。

15歳で経験した親離れ。ウチの息子は10歳なので、あと5年後。本人も寂しい思いをしたけど、今になって思えば15歳の息子を出した両親の方が寂しい思いをしてただろうね。当時はそんなこと考えもしなかったけどね。