自立走行型バイク2017年03月01日 22時44分29秒

既に絶版車
これ面白いね、リット・モーターズ車が開発している自律走行型のC-1っていう電動バイクなんだそう。2輪でどうやってバランスとるんだろって思うけど、ホンダがCES 2017に出品した自立バイクの技術を使えば自律走行型の2輪車の実現も一気に現実味を帯びてくる。プロジェクトは中々うまくいっていないようだけど、もしアップルによる買収が実現されればC-1が街中を走る日もそう遠い日のことでは無くなるカモ。

このC-1、デザインが洗練されていて魅力的。雨の日や寒い日にも乗れるバイクっていうとクルマでいいじゃんって思うけど、このコンパクトなC-1はクルマには無い魅力を備えていそう。積載力が低いのもいいね、やっぱ2輪車は不便じゃないとね(笑)。ウォータープルーフバッグに荷物を詰めて、屋根の上にくくりつけてツーリングとか行くシーンを想像するとワクワクしてくる。

この手の乗り物は是非ともホンダにも開発して欲しいね。実用性や収益性を考えるとなかなか市販化にGOをかけるのは難しいと思うけど、もともと二輪車メーカーとして産声を上げたホンダにこそ新しい自立走行型の2輪車を開発して欲しい。ホンダは既に自立バイクの研究をしているようだし、ホンダなら高い信頼性とアフォーダブルな価格の両立が出来そうだからね。

自動車ブランド総合ランキング2017年03月02日 22時54分27秒

ユーノス
アメ車って実はアメリカではあまり人気が無いらしい。2017年版自動車ブランドの総合ランキングで、トップ10に入ったのはなんとGMグループのビュイックだけなんだそうな。それも10位。ほとんどのニポン人はビュイックなんて知らないでしょ。かなりのクルマ好きでもビュイックの名前さえ聞いたこと無いって人が多いと思う。20年くらい前にアメリカ出張した際に見たことないクルマが走ってると思ってたら、それがビュイックだった。

その一方で、ニポンメーカはトップ10に4ブランドがランクイン。レクサス、スバル、マツダ、ホンダの4ブランドというから、スバルとマツダの健闘ぶりに感心してしまった。どうもスバルというと昔の垢抜けないイメージ(ドミンゴとかジャスティとかね、笑)が頭に浮かぶんだけど、プレミアムブランドのレクサスを除くと実質米国における日本メーカの一番人気はスバルということになる。スバルのクルマは飛ぶように売れて、どのディーラも売るクルマがないっていうのは本当だったんだね。

自国でも人気のないブランドを外国に買えっていうトランプ大統領もどうかと思うよね。とりたてて特徴のないクルマを作っておいて、そんなクルマを外国で売ろうったってそうそう売れるとは思えない。聞いたこのないセダンを売るよりも、フォードエクスプローラーシボレーシルバラードを売ったほうがよっぽど売れそうな気がする。そもそも小型軽量で燃費が良くて、使い勝手が良くて壊れない日本車と勝負しようというのが間違ってるでしょ。アメリカっぽくない小型車やセダンを持ってきても、横並び好きなニポン人があえてそれを選ぶとは思えないからね。

1位から3位まではドイツブランドというから、米国でのドイツ車人気はハンパない。それもアウディをはじめ高価でも売れるプレミアムブランドばかりなんだから、ドイツのブランド力って凄いと思う。マツダには是非とも頑張ってもらって、名だたるドイツブランドの牙城に食い込んで行ってもらいたいね (^^)

タワマン2017年03月03日 22時44分30秒

シンガポールのマンションからの眺め
週刊誌はなかなか過激な見出しをつけるね、タワーマンションを買った人は気分悪いんじゃないかなぁ。

知らなかったんだけど、タワーマンションって雨漏りしても修繕しないで放置されている住戸が多いって本当?確かに修繕がやり辛いのは分かるけど、壁から浸入した雨水が部屋の中に漏れてきたりするんだろーか。ちょっと疑わしい気がするけど、個人的にはタワーマンションの修繕には大いに疑問を持っている。バルコニーを構造体の外側に飛び出させて全周を覆うように設けて、修繕はバルコニーを足場にして行うように建物を設計すれば比較的リーズナブルに修繕できると思うけど、そんな構造になっているタワーマンションを見たことが無い。

タワーマンションは建物の資産価値が不動産価格の大半を占めているので、万が一建物に欠陥が見つかると資産価値は大きく下がる。資産価値を維持するには建物のコンディションを維持することが重要だけど、建物の修繕を行うのは容易ではない。そもそもタワーマンションは歴史が浅いので、参考になる前例がほとんど無い。維持するのにもたくさんお金が掛かるし取り壊すにもたくさんお金が掛かるタワーマンションは、30年後に多摩ニュータウン的な扱いになっていても不思議ではないと思うんだよね。

今住んでいるシンガポールのマンションは20階建ての17階。タワーマンションとまではいかないけど、窓からの眺めは悪くない。単身赴任中の住処としては居心地いいけど、高層階のメリットは景色と日当たりくらい。朝の忙しい時間帯はエレベータを待つことも珍しくないし、普段から風が強い日が多くて風きり音が結構うるさい。あと上層階は幹線道路の騒音が思いのほかうるさくて、風の弱い日でも騒音が耳障りなので窓をあける事はほとんど無かったりもする。

マイホームは7階建ての中規模マンションの5階。高層じゃないけど、周りは一戸建ての建ち並ぶ住宅街なので景色は悪くない。ベストは平屋の一戸建てだけど、そんな財力は無いので今のマイホームで十分満足してる俺。同僚の奥さんが病気でからだが不自由になったんだけど、木造3階建ての住宅での暮らしはかなり厳しそう。エレベータを増設するか、マンションに引っ越すことを余儀なくされそう。これからマイホームを手に入れようと考えている方は一考の余地があるかも。